2019年12月11日
梶本式:売買仲介のための不動産仕入れ理論入門

不動産売り求むDMにおける「宛名書き」の重要性を知る 後半

梶本式:売買仲介のための不動産仕入れ理論入門

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

では、どうすれば良いのでしょうか。


私は、私のクライアント先に対して「ダイレクトメールの宛名書きは、手書きでお願いします」と伝えしています。


宛名書きを手書きにすることにより、「DM臭を消す」事が出来、開封率の向上が期待出来ます


しかし、2019年10月23日のコラム「不動産仕入れDMの基本的な考え方と、その目標反響率」でもご紹介申し上げ通り、印刷の宛名書きや宛名シールを用いて、大量に送付することは比較的簡単ですが、1件1件「ダイレクトメール臭を消し、普通のお手紙だと感じてもらえる内容」でDMを作成することは大変です。


その悩みを解消するためには、送付数を減らして頂いて結構です。

送付数を減らしてでも、クオリティの高いDMを送ることにより、反響数自体を向上させる事が可能だと考えます。


クオリティと言えば気になる事が1つあります。

それは、「文字の美しさ」です。

不動産会社の方からよく、次のようなご質問を頂きます。

「宛名書きを手書きで行うメリットは理解出来ましたが、文字の上手い下手は、反響数に影響しますか?」


これに関しては、下手な字でも丁寧に一生懸命書けば、そんなに反響が落ちることはないとお答えしています。

しかし以前、私のクライアント先で、宛名書きを担当していた書道有段者のスタッフが退社され、宛名書きの担当者を20歳そこそこの若手営業担当(お世辞にも文字が綺麗とは言えない方…)に変更したところ、反響数が半減したことがございました。


宛名書きは達筆である必要はございませんが、ある程度「限度」があるとご理解ください。


このように宛名書きにまで気を配り、「ダイレクトメール」を卒業して、「お手紙」の域に達しましょう。



POINT

・宛名は手書きしよう。

・時間がないなら、送付数を減らしてもかまわない。



最初から読む
  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 276

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧