2020年02月19日
梶本式:売買仲介のための不動産仕入れ理論入門

不動産FAX査定シート広告の効果と作成法

梶本式:売買仲介のための不動産仕入れ理論入門

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

不動産FAX査定シート広告の効果と作成法


「売り物件の仕入れ」は、不動産売買仲介業には必要不可欠な業務です。しかし、この「仕入れ」業務をセンスや根性に頼らず論理的に考えたことがある人は多くはありませんでした。そこで、この連載では、不動産仕入れ理論の第一人者である不動産会社専門コンサルタントの梶本幸治さんと一緒に、仕入れを「理論」として学んでいきます。

不動産仕入れに役立つチラシについて学んでいます。今回はチラシの具体的な作成方法に踏み込みます!(リビンマガジンBiz編集部)




画像=写真AC



みなさん、こんにちは。

株式会社レコの梶本幸治です。


今回からは、各種不動産売り求むチラシの具体的な作成方法をご紹介して参ります。

今のところ、下記のような売り求むチラシを取り上げていきたいと考えています。


・不動産FAX査定シート

・実際にお客様がいますチラシ

・こんな物件探していますチラシ

・重点取り扱いエリアチラシ

・重点マンション仕入れチラシ

・売却相談会開催チラシ


本日のコラムでは、不動産売り求むチラシの伝統的(?)手法である「不動産FAX査定シート」を取り上げます。


「このインターネット全盛の令和の御代にFAXシート?何言ってるんだ、こいつは?」

「前回のコラムでは、ズバッ!っと、電話反響1本で勝負して下さいとか言ってたくせに、その舌の根も乾かないうちにFAXかよ。」

といった声が聞こえてまいりそうですが、もう少しお付き合いください。


確かにFAXは少し時代遅れかも知れませんし、家にFAXが無いご家庭も多いと思います。

しかし、FAX査定シートを実施したからと言って、全ての反響がFAXで来るわけではございません。「FAX査定シートを見て、電話で問い合わせて下さるお客様」が相当数いらっしゃるのです。


実際、しっかりと集計した訳ではございませんが、私の肌感覚で申し上げるとFAX査定シート反響の内、電話反響が半分くらい占めています。

何故、FAX査定シートなのに電話問い合わせが多いのでしょうか?


以前、私のクライアントが、FAX査定シートを見て電話で問い合わせて下さった売主様に対し、「何故、FAX査定シートなのに電話で問い合わせて下さったのか」と尋ねたことがありました。

その問いに対して、売主様は次のように答えられたそうです。

「はじめは必要欄に書き込んでFAXするつもりだったんだけど、それよりも電話しようという気になりました。必要欄で聞かれていることを答えれば良いのだと思うと、頭の整理も出来ましたし」

つまり、FAX査定シートを読んでもらうことで、電話問い合わせが増える傾向にあるのです。


では、FAX査定シートにどのような事を記載すれば良いのか、箇条書きにしてご紹介します。



次のページ:必見!FAX査定シートに書き込む事項(2ページ目)

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 496

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧