2020年02月26日
梶本式:売買仲介のための不動産仕入れ理論入門

お客様がいますチラシ|不動産売り求むチラシ作成講座

梶本式:売買仲介のための不動産仕入れ理論入門

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

お客様がいますチラシ|不動産売り求むチラシ作成講座


「売り物件の仕入れ」は、不動産売買仲介業には必要不可欠な業務です。しかし、この「仕入れ」業務をセンスや根性に頼らず論理的に考えたことがある人は多くはありませんでした。そこで、この連載では、不動産仕入れ理論の第一人者である不動産会社専門コンサルタントの梶本幸治さんと一緒に、仕入れを「理論」として学んでいきます。

不動産仕入れに役立つチラシについて学んでいます。今回は誰もが使う文言「お客様がいます」を深く考えていきます。(リビンマガジンBiz編集部)



画像=写真AC


みなさん、こんにちは。

株式会社レコの梶本幸治です。


本日も不動産売り求むチラシとしてはオーソドックスな、「お客様がいますチラシ」の作成方法を解説して参ります。


不動産仲介の営業をしていると、次のような質問を売主様から受けたことがあると思います。

「ウチの近く限定で不動産を探しているお客さんがいるっていう、〇〇不動産のチラシが入っていたんですかけど、これって本当でしょうか?」


そして、あなたは次のように答えたのでは無いでしょうか?

「あっ!そのチラシは嘘ですね。買いたいお客様がいるふりをして、売主様からのお問い合わせを頂こうとする作戦です。信用しない方が良いですよ!もし、〇〇不動産さんにお客様がいるなら、弊社から資料を送って販売協力して貰いますから。安心して弊社と専任媒介契約を結びましょう」


何故、そのお客様がいますチラシを【嘘】だと言い切れるのでしょうか?

それは恐らく、あなたが作成しておられる「お客様がいますチラシ」も、【嘘】だからでは無いでしょうか?

嘘はいけませんよ、嘘は。


まぁ、あなたのチラシや、〇〇不動産のチラシが本当か嘘かの検証は横に置いておくとして、「本当でしょうか?」と聞きたくなる売主様の心理からすると、この「お客様がいますチラシ」はそれだけ気になる存在です。本当ならその不動産会社に問い合わせてみたいけれど、騙されているんじゃないかとの不安も抱いてしまうチラシなんでしょうね。


つまり、この「騙されているんじゃないか」との不安を払拭出来れば、お客様がいますチラシは多くの反響が期待出来る事になります。

では、どのようにすれば、「騙されているんじゃないか」との不安を払拭出来るのでしょうか?

私は次のように考えます。



次のページ:「お客様がいます」広告を生かす方法とは!?(2ページ目)

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 318

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧