2020年04月29日
梶本式:売買仲介のための不動産仕入れ理論入門

HPからチラシへの連動を学ぼう

梶本式:売買仲介のための不動産仕入れ理論入門

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

どういう意味なのか、下記のとおり順序だててご紹介いたします。


【1】自社HPに不動産自動査定コンテンツを作る。

このコンテンツでは、所在地、マンション名、面積、築年数等、大まかな情報を入力すると自動的に査定価格が算出されるよう設計する。但し、この自動査定コンテンツ利用に際しては、お客様の個人情報を入力しなくてもご利用頂けるようにする。


【2】オーガニック検索でアクセスされるようにする。

詳細に関しましては、前々回のコラム「自社ホームぺージで物件仕入れ(媒介受託)を行う方法とは?」及び、前回のコラム「自社運営の「地域限定版:不動産査定サイト」の作成法」を参照。

【3】アクセス者(お客様)が個人情報を入力することなく不動産自動査定を利用される。

個人情報を入力する必要が無いため、気楽に利用して下さる事に期待。個人情報の入力は不要だが、マンション名や住居表示のブロック(区画)までは必須の入力項目とし、これらの情報は営業担当者に通知されるシステムを作っておく。

【4】自動査定が利用されたマンションやブロック(区画)に対し売り求むチラシを配布

必ずしも所有者ご自身が自動査定を利用されたとは限らず、住居表示ブロック(区画)の記載も正確に入力されているとは言い難い。しかし、マンション名やブロック(区画)だけでは個人が特定される可能性が低い事から正しく入力される方も一定数いらっしゃる。その為、自動査定が利用されたマンションやブロック(区画)に対し売り求むチラシを配布する事により潜在的な売却ニーズを顕在化させることが出来る。


つまり、「今すぐ売る気はないけれど、個人情報を入力しないで良いなら自動査定を試してみよう」というお客様にご利用頂き、その自動査定がなされたと推測されるエリアをチラシで掘り起こす方法です。

一見、無駄が多そうに見えますが、あてもなくひたすらに売り求むチラシを配布し続ける事を考えると、反響の取れる可能性は相当高いと考えます。


あなたの会社でホームページを制作する場合は、上記のようなシステムも実装される事をお勧めします。


POINT

・自社サイトで情報を集めて、効果的なチラシ配布につなげてみよう。



最初から読む

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 139

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧