2020年05月20日
梶本式:売買仲介のための不動産仕入れ理論入門

士業の先生とセミナーを共催する際、不動産会社が注意すべき点を解説

梶本式:売買仲介のための不動産仕入れ理論入門

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

士業の先生とセミナーを共催する際、不動産会社が注意すべき点を解説。


「売り物件の仕入れ」は、不動産売買仲介業には必要不可欠な業務です。しかし、この「仕入れ」業務をセンスや根性に頼らず論理的に考えたことがある人は多くはありませんでした。そこで、この連載では、不動産仕入れ理論の第一人者である不動産会社専門コンサルタントの梶本幸治さんと一緒に、仕入れを「理論」として学んでいきます。


チラシや一括査定サイト以外の不動産仕入れについて集中的に学びましょう。今回はセミナーで、よくあるコラボについて分析します。(リビンマガジンBiz編集部)


画像=写真AC


みなさん、こんにちは。

株式会社レコの梶本幸治です。


不動産仕入れ手法の一つとして、多くの不動産会社が実施している「士業の先生とのコラボセミナー」ですが、あなたの会社でも実施されていますか?


税理士や公認会計士とコラボする税金セミナー。

司法書士とコラボする相続登記セミナーや成年後見セミナー。

弁護士とコラボする法律セミナー。

FPとコラボするお金のセミナー。


基本的には士業の先生方が講師を務め、各々の専門分野について講演を行い、その個別相談の中から不動産売却案件を拾っていくといった手法が一般的だと思います。


しかし・・・

しかし・・・

このような士業とのコラボセミナーで不動産売却案件を拾えていますか?


全く案件化しないとまでは申しませんが、コラボセミナーは労力の割には成果の少ない施策だと思われませんか?何故、案件化しないのか、クライアント先での実例や、現役営業マン時代の私の経験を基に考えてみました。


【案件しない理由①】士業の先生の話がつまらない。

士業の先生に中には非常に話が面白くない方がいらっしゃいます。まるで大学で法律や税務の講義をしているような講演を行い、セミナー来場者を「個別相談」へ進ませられない先生が組んでしまうと、案件化させることは難しいでしょう。

まぁ、士業の先生からすれば、タレントでもないのに「話が面白くない」とか言われる筋合いはないのですが…。



次のページ▶まだまだ続く士業セミナー失敗の理由


  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 197

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧