2020年06月03日
梶本式:売買仲介のための不動産仕入れ理論入門

売り求む看板で、不動産即金買取を増加させるには「金額」と「時間」を訴求! その後

梶本式:売買仲介のための不動産仕入れ理論入門

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

では、買取の反響を獲得する為には、どのような看板を作成すれば良いでしょうか?

そのヒントは、買取を希望される売主様の売却理由の中に隠されています。

「媒介」での売却よりも価格が安くなりがちの「買取」を選択される売主様は、次のような売却理由を抱えておられるでしょう。


・実家を相続したが遠方に住んでいる為、売却に手間をかける事が出来ない。
・経済的な理由により、所有している不動産を早々に現金化したい。
・物件の特性(広さや現状等)でエンドユーザーに売却しにくい。しかし、所有していても意味が無い。


つまり、買取を希望される売主様は先ずは「早く(面倒なく)」売却したいとお考えです、そして、「出来るだけ高く」売却したいとも希望しておられます。


このような、希望をお持ちの売主様に対しては「売却期間」と「金額」を訴求した看板が有効です。

つまり、「現金化までの期間最短〇日、買取予算総額〇億円」と看板に記載すれば良いのです。

この際、変なイラストやロゴマークもゴテゴテと記載し、せっかくの訴求文言が読み難くならないように気をつけて下さい。

売り求む看板で、不動産即金買取を増加させるには「金額」と「時間」を訴求しましょう!


POINT

・買取を希望する売主は「早く(面倒なく)」と「出来るだけ高く」で、引きつけよう!



最初から読む
  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 134

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧