2020年07月01日
梶本式:売買仲介のための不動産仕入れ理論入門

不動産売却相談会のプログラムと運営方法を詳細に解説

梶本式:売買仲介のための不動産仕入れ理論入門

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

不動産売却相談会のプログラムと運営方法を詳細に解説


「売り物件の仕入れ」は、不動産売買仲介業には必要不可欠な業務です。しかし、この「仕入れ」業務をセンスや根性に頼らず論理的に考えたことがある人は多くはありませんでした。そこで、この連載では、不動産仕入れ理論の第一人者である不動産会社専門コンサルタントの梶本幸治さんと一緒に、仕入れを「理論」として学んでいきます。


チラシや一括査定サイト以外の不動産仕入れについて集中的に学びましょう。四回にわたり相談会について深掘りします。相談会編、最後の今回は、プログラムと運営方法についてです。(リビンマガジンBiz編集部)



画像=PIXABAY


みなさん、こんにちは。

株式会社レコの梶本幸治です。

今回のコラムではいいいよ、不動産売却相談会のプログラムと運営方法をご紹介します。

私がお勧めする不動産売却相談会の、プログラムと運営方法を下記の通りご紹介します。


■セミナー内容
・高値売却や空き地空き家売却、買取見積もり等、「尖った内容をテーマ」に売却相談会開催。
・予約不要で開催するも、個別相談は予約者様優先。
■開催日時
・日曜日の午前中(10時~11時セミナー形式、11時以降は個別相談)。
■会場
・各市区町村が運営する会館(市民会館、区民ホール等)
■講師
・営業担当者が輪番制で講師を務める。
■司会者
・営業担当者が輪番制で司会を務める
■スタッフの服装
・スーツ・白シャツ着用、ネームプレート着用(出来れば記章佩用)。
■会場の設営
・会場入り口に受付を設置。
・会場正面にスクリーンとプロジェクタを置き、講師演台と司会者席を設置。
・参加者の席は3人掛けテーブルに2人座って頂き、9脚ほど用意。
・会場後部には個別相談用ブースを準備。
■集客方法
・新聞折込広告約20,000部(目標反響数3件:開催日前日に実施)。
・ポスティング広告約30,000部(目標反響数3件:開催日1週間前に実施)。
・各市町村発行の広報誌へ記事広告掲載(目標反響数2件:開催月に掲載)。
・売却希望顧客(DM送付先や一括査定反響顧客)へ案内状送付(営業担当から追客電話要)
・まちゼミ等の活用。
・ご近所の飲食店等、店舗にリーフレットを置かせてもらう。
■セミナーのプログラム例(PowerPointを事前に作成)
1. 不動産の売り方について
2. 不動産会社への売却依頼方法について
3. 売却開始から引き渡しまでの流れ
4. 具体的な不動産販売方法を知る
5. 不動産所有者様からのよくある質問
6. 〇〇市で不動産を高値で売る方法
7. 質疑応答
8. 個別相談(ご予約者様優先)
■個別相談
・予約者を優先し、飛び込み来場のお客様には待っていただく。
・住宅地図を必ず会場へ持参し、地図を見ながら個別相談に応じる。



次のページ▶相談会をやってみよう!

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 82

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧