2020年09月02日
梶本式:売買仲介のための不動産仕入れ理論入門

DMにおいては「売る気が無い」も反響と計算すべき理由

梶本式:売買仲介のための不動産仕入れ理論入門

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

ダイレクトメールを送付するにあたって先ず重要な事は「開封率」です。

ダイレクトメールで集客しようと思えば、開封して中身を読んで貰わなければ話にならないからです。


つまり「売りません」とお返事が頂けるという事は、「開封」のハードルは超えたことになり、「このDMは封を切って貰う事は出来るクオリティだ」と判断できるのです。

(※ちなみに私の全てクライアントに対しては有効送付通数30件から35件程度で1件受託する事を目標にして頂いており、概ねその目標は達成出来ています。)


ご覧頂きました通り、あなたも空き地空き家DMで毎月反響を獲りたいと思われるなら、毎月13件の空き地空き家を調べ、毎月9通のDMを送付してみて下さい。

不動産売り主向けDMで、開封率を向上させる封筒とは?」(2019年12月4日)


ではあなたも今日から、九州の山本さんのように空き地空き家DMでどんどん反響を獲得して下さい。


次回のコラムでは、「不動産売り求むチラシ」のポスティングに関し、九州の山本さんの活動量をご紹介致します。


POINT

・「開封率」を知るためには、「売る気がない」も反響として計算する。

・毎月13件の空き地空き家調査、毎月9件のDM送付で売り物件を仕入れよう。



▶最初から読む
  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 283

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧