2020年10月21日
梶本式:売買仲介のための不動産仕入れ理論入門

不動産一括査定サイトの取り組み方に関する問題|不動産仕入れ営業(媒介受託)確認テスト【問1】

梶本式:売買仲介のための不動産仕入れ理論入門

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

不動産一括査定サイトの取り組み方に関する問題
不動産仕入れ営業(媒介受託)確認テスト【問1】


「売り物件の仕入れ」は、不動産売買仲介業には必要不可欠な業務です。しかし、この「仕入れ」業務をセンスや根性に頼らず論理的に考えたことがある人は多くはありませんでした。そこで、この連載では、不動産仕入れ理論の第一人者である不動産会社専門コンサルタントの梶本幸治さんと一緒に、仕入れを「理論」として学んでいきます。今回から、不動産仕入れについて必要な知識をクイズ形式で問います。もちろん納得感のある解説付きです。あなたは正解できるかな?(リビンマガジンBiz編集部)



画像=写真AC


皆さん、こんにちは。
株式会社レコの梶本幸治です。

本日から新連載をスタートさせて頂きます。
今回のコラムは「不動産仕入れ営業(媒介受託)確認テスト」と銘打ち、今まで私が解説して参りました不動仕入れ手法を、テスト形式でご確認頂こうと考えております。テストの内容は宅建士テストの形式にあわせて四肢択一に致しました。
テストとは言っても堅苦しいものではございませんので、楽しく遊び感覚で読み進めて頂ければ嬉しいです。

では、記念すべき第一問!どうかチャレンジして下さい!


【問1】
不動産一括査定サイトの取り組み方に関する考え方として、誤っているものはどれか。

1. 一括査定サイトからの問い合わせは、他の仕入れ手法に比べ受託率が高いため、問い合わせ下さったお客様全員から媒介を受託する意気込みで臨むべきである。

2. 一括査定サイトからの媒介受託率は10%を目標とすべきであり、これより高すぎる目標設定はかえって危険である。

3. 一括査定からの問い合わせは基本的に薄い(確度の低い)お客様が多いため、案件ごとに一喜一憂せず淡々と取り組むべきである。

4. 一括査定サイトを嫌っている不動産仲介プレイヤーは多いが、一括査定で成果の出せない営業担当は今後苦戦が予想される。


次のページ:正解は...こちらから確認(2ページ目)

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 518

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧