2020年11月18日
梶本式:売買仲介のための不動産仕入れ理論入門

【問5】売却理由を売主からヒアリングする方法に関する問題|不動産仕入れ営業(媒介受託)確認テスト

梶本式:売買仲介のための不動産仕入れ理論入門

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

【問5】売却理由を売主からヒアリングする方法に関する問題|不動産仕入れ営業(媒介受託)確認テスト


「売り物件の仕入れ」は、不動産売買仲介業には必要不可欠な業務です。しかし、この「仕入れ」業務をセンスや根性に頼らず論理的に考えたことがある人は多くはありませんでした。そこで、この連載では、不動産仕入れ理論の第一人者である不動産会社専門コンサルタントの梶本幸治さんと一緒に、仕入れを「理論」として学んでいきます。不動産仕入れについて必要な知識をクイズ形式で問います。よくわかる解説付きです。第5回の今回は、正確なヒアリングが要求される売却理由について学びます。(リビンマガジンBiz編集部)



画像=写真AC



【問5】売主訪問時、最も重視すべき事の一つとして売却理由のヒアリングが挙げられる。では、売主訪問時のヒアリングに関し、正しいものは次のうちどれか。


1. 売主様の売却理由が離婚である場合は、売主様のお気持ちに配慮し細かい質問は控えるようにする。


2. 売却理由を尋ねる時は、「良い家ですね。売らずに貸すって選択はないのですか?もったいないですよ。」等と、敢えて売却を勧めない事も、真の売却理由を引き出す為の有効な手法の一つである。


3. 売主様は不動産会社に、正確な査定価格の提案をして欲しいと考えておられる。従って、売主様の売却理由をお聞きする前に不動産価格査定書を提示し、先ずは査定価格の提示を行うべきである。


4. 売主様が「売却理由は資産処分です」とおっしゃった場合、特段特別な事情が無い場合が多いため、それ以上詳しい売却理由を尋ねても意味が無い場合が多い。



正解とよくわかる解説は次のページで確認!


  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 161

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧