2020年11月25日
梶本式:売買仲介のための不動産仕入れ理論入門

【問6】「他社の話も聞きたい」と言われた時の対応に関する問題|不動産仕入れ営業(媒介受託)確認テスト

梶本式:売買仲介のための不動産仕入れ理論入門

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

【問6】「他社の話も聞きたい」と言われた時の対応に関する問題


「売り物件の仕入れ」は、不動産売買仲介業には必要不可欠な業務です。しかし、この「仕入れ」業務をセンスや根性に頼らず論理的に考えたことがある人は多くはありませんでした。そこで、この連載では、不動産仕入れ理論の第一人者である不動産会社専門コンサルタントの梶本幸治さんと一緒に、仕入れを「理論」として学んでいきます。不動産仕入れについて必要な知識をクイズ形式で問います。よくわかる解説付きです。第6回の今回は、一度は言われたことがある「他社の話も聞きたい」と言われた時の対処方法について知りましょう。(リビンマガジンBiz編集部)



画像=写真AC



【問6】不動産一括査定反響の売主様にお目にかかって査定価格の提示を行い、売主様希望価格での販売開始を提案した後、売主様から「他社の話も聞きたい」と言われた時の対応方法として間違っているものはどれか。

<注意>実務上、売主様の売却理由によっては早期成約を提案すべき場合もあり、常に売主様希望価格で販売開始を提案出来るわけではない事をご認識下さい。


1. この場合、提案内容をご理解頂けていない事も考えられる。その為、売主様に「ご説明が足りなかったようですので、再度ご説明します」と申し上げ、「理解はしている」との返事があった場合は、「では、他社様に何を聞かれるのですか?」質問し、売主様のご希望や心配事の深部に迫るよう心掛ける。そして、その結果としての即媒介取得を目指す。


2. 「他社の話も聞きたい」との売主様のご意向を重視し、「では、他社様のお話を聞かれた後、またお電話ください」等と申し上げ退出する。少しでも「この不動産会社は強引だな」との印象を持たれないよう細心の注意を払う。


3. 先ず、次の不動産会社のアポイント日時をお聞きする。その上で他社面談終了直後の時間で再度、売主様とお目にかかれるようアポイントを頂戴する。他社の話を聞いた後、間髪を入れずに再び自社の提案も聞いて頂ける状態にしておく事が大切である。


4. 自社の提案を「たたき台」にされ、他社に専任媒介を取得される可能性があるならば、敢えて早々に一般媒介を提案し、他社に先駆けての媒介取得を目指す。不動産会社同士の競争が前提である不動産一括査定に於いては、戦術的な一般媒介提案も考慮すべきである。



▶気になる正解とよく分かる解説はこちら(次のページ)

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 450

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧