2017年03月25日
keisyo

有益な情報満載?!売却前に登記簿謄本を取り寄せていろいろ調べてみよう!

keisyo

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

登記簿謄本をみたことがありますか?

戸建てであれ、マンションであれ、土地であれ、不動産を売却する際に必要となる書類のひとつに登記簿謄本(登記事項証明書)があります。みなさんは登記簿謄本をご覧になったことがありますか?先日、ふとしたきっかけから実家の登記簿謄本を入手する機会がありました。もともと田畑であった土地をいくつかに分け、分譲住宅を建売した中の一軒が私の実家です。そのため、実家の登記簿謄本を取り寄せたはずが、実家の情報だけではなく、ご近所さんのさまざまな情報までもが丸見えになっていて、かなり驚きました。例えば、「所有権に関する事項」では、権利者に変更があると理由と共に記載されます。所有権が異動した時期や理由が記載されています。理由は「相続」、「財産分与」など。いろいろわかってしまいますね。それ以上に驚いたのが「所有権以外の権利に関する事項」です。ここには「いくら、どこの金融機関で、どれくらいの利率で借りているのか」という情報がばっちりでています。そして、それが完済しているか否かまでもわかってしまいます。このように、一見するとプライバシーにも関わってくるような内容が誰にでも見られる状態にされているのはなぜでしょうか。それは不動産の登記情報を一般公開し、誰にでもわかる状態にしておけば、売買取引などをトラブルなく行うことができると考えられるからです。誰の目にもつくことから不正防止につながります。

登記簿謄本を入手するにはどうしたらいい?

では、登記簿謄本はどのように入手できるのでしょうか。まず管轄している法務局などの窓口に出向き、請求する方法があります。その他に郵送での請求も受け付けています。そして今回、我が家が利用したのはオンラインでの請求でした。厳密にいうと、司法書士の方に依頼し、司法書士の方がオンライン上で取り寄せてくれました。この間、ものの数十分。本当にスピーディーかつ自宅に居ながら簡単に入手でき、とても驚きました。特に相続した不動産など、これまでの経緯が不明な不動産の売却を検討されている場合は、該当不動産の登記簿謄本を取り寄せ、いろいろと調べてみるとおもしろく、有益な情報を得ることができるかもしれません。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 331

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧