海外での言語留学。


この点に着目した不動産業界が成功を収めているのをご存じでしょうか?


言語留学?


英語を習得するための手っ取り早い方法は海外に自分の身を置いて現地の英語を学ぶことですよね。


そのための海外留学という制度は本当にたくさんあります。


では、費用はどれくらいなのでしょうか?


授業料と滞在費はたいてい込み込みの条件で12週間50万から80万円ぐらいかかります。


行ける国は様々で、米国、カナダ、イギリス、オーストラリアなどです。


ただ、英語にも地域によって方言もあるのでオーストラリアやニュ-ジーランドなどに行くと学んだ英語は癖が強いようです。


例えば、イギリス人やアメリカ人にはえっ!何その発音?と指摘されるようです。


しかし、ここ最近ではさらに安く言語を学べる留学先があります。


それはフィリピン!


なんと、12週間で40万円ほどです。


と言われてもそんなに安いイメージはないですよね。


そこで、不動産が目を付けたのが、一つの共同住居に外国人だけが住むという条件で貸しているアパートです。


そして、その中に入ればネイティブしかいないので、英語を学べるという訳です。


そこの中に入れば英語を学びやすいですよね?


だから英語を学びたいという日本人にもその物件を貸しています。


そして、普段の生活空間には常に海外から来た米国人や英国人それにオーストラリア人と接することができるわけですからまさに一石二鳥です。


もちろん、常に一緒ではないですが、高いお金を払ってまた、たくさんの時間を削る必要もなくネイティブの英語を日本で学べる素晴らしい方法です!

それに、ネイティブの方にとっても日本語を学べるのでウィンウィンな訳です。


ただ注意点として、アジアの国々から来られている方も多いので、それはそれでまさに異文化交流です。


学べることも多いかと思います。


でも、基本的に共通言語は英語です。



では、ここでざっと計算をしてみましょう!


ご説明したルームシェアもできる部屋では、家賃10万円以下で東京!


これはボーダレスハウスと呼ばれるもので、ネットで部屋の満室状況を確認することができ簡単に契約することができます。


では、もし約1年いたとします。48週間として海外での留学費用は大体250万円です。


でも、ボーダレスハウスですと、六本木で月8万円です。


48週間は11か月ぐらいですから、88万円です。


なんと170万円も差が!


考えさせられたのでは?


もちろん単純に比較はできませんが、不動産業界にとってこの分野はまさに画期的な事です!


英語を効果的に学ぶ方法も変わりつつあります。


  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 548

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧