2017年03月17日
小林あこ

知っておきたい、不動産の販売でありがちなトラブル

小林あこ

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter


不動産の販売でありがちなマネートラブルとは

不動産の現金化をするために売却をするときに、ありがちなマネートラブルとは何でしょうか。交渉が進んでいく中で色んなお金の受け取りが発生します。誰とどんなお金のやり取りがあったのかをしっかり把握していないといけないですね。


まず間違いやすい事として、「申込金」があります。申込証拠金とも言いますね。これは、買い手側が交渉している最中に他の人に売られてしまわないようにキープ、自分との交渉を優先してほしいというような意味合いがあります。「手付金」とは別の物です。交渉が成立しなければ返金するものなのです。「申込金」を受け取ったら、交渉を押し進めていかないといけません。他の方との交渉ができませんし、キャンセルされることもありますから、あまり時間をかけないほうが賢明でしょう。


キャンセルになったら、速やかに返金してください。順調に契約がすすんだ場合には、申込金を充当した残りの分の手付金を受け取ります。これを知らないまま、手付金の全額を請求してしまったために、不快に思った購入希望者に契約をキャンセルされたという事例もあります。手付金と混合しないよう気をつけましょう。


住宅ローン事前審査をすすめよう

契約はできたのに住宅ローンが組めなかったというケースもあります。銀行を変えてみたら審査が通るということもありますが、いろいろ試してもダメだった場合には、残念ながら売買を断念するしかないでしょう。


フルローンで購入を考えているような場合には、手付金も銀行で借りる場合があります。そうでない場合、例えば自らカードローンなどで手付金を用意してしまったことが、住宅ローンの審査に響いてしまうことがあるようです。


早めに銀行との調整を行っていれば防げるケースなので、売主さんからも「早めに銀行へ」と言いたいところですね。堅実な方法としては、住宅ローン事前審査を前もって受けてもらい、仮承認を取得していなければ売買契約をしないというやり方が増えてきているようですので、参考にしてみてください。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 356

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧