2017年01月07日
幸田 仁

間違いのない不動産仲介業者選び(その1)

幸田 仁

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

あけましておめでとうございます。

日本不動産研究所の幸田 仁です。


2017年に入り、初めてのコラムとなります。

今年もよろしくお願いいたします。


最初のテーマは「不動産業者選び」です。


皆さんは、どの不動産仲介業者にするか?ということを検討されるでしょうか?

たぶん、「どの物件を購入するか?」とか、「いくらで売れば良いか?」ということは検討しても、どの業者にするか?はあまり検討されることもないかも知れません。


しかし、現実的には不動産仲介業者選びはとても重要なのです。


その理由をこれから数回に分けて説明していきたいと思います。 


■不動産仲介業者は、力を入れている営業分野があるのです。

 

 不動産仲介業者であれば、どの業者でも同じと考えるかも知れません。

 しかし、不動産分野というのは、ものすごく多くの分野があり、全てを網羅することは難しいのです。

 ですから、不動産仲介業者でも、賃貸が得意、売買が得意、住宅が得意、店舗や事務所が得意というように得意分野を持つわけです。

 

 病院であれば、お腹が痛いと思ったら内科に行けるわけですが、不動産仲介業者の場合は、マイホームを売りたい、マンションを借りたいと思っても、看板だけでは分からないわけです。


 ですから、マイホームを売りたいと思ったときに、賃貸を中心に営業している仲介業者にお願いしても、「うちは、売買は不得手ですので・・・」ということは言いませんし、もしかすると売り時を逃してしまうかもしれないのです。

 ここが、難しいところといえますね。

 

 不動産市場は、景気によって急に売れ出したり、あるいは売れなくなったり、価格が高くなったり安くなったりと変化しますね。

 ですから、マイホームをタイムリーに売買するためには、やはり「売買の仲介を得意とする業者」をあらかじめ選んでおくことが重要になってくるのです。


 ということで、「不動産業者には得意分野がある」ということを覚えておくことは大きなアドバンテージとなります。

 では、どうやって得意分野を見分けるのか?については、次回で説明したいと思います。


 

 

 

 

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 343

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧