2017年01月17日
幸田 仁

間違いのない不動産仲介業者選び(その2)

幸田 仁

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

みなさんこんにちは、日本不動産研究所の幸田 仁です。


前回に引き続き、「不動産業者選び」の「その2」ということで今回はご説明したいと思います。


前回のおさらいですが、「不動産業者には得意分野がある」ということを説明しました。

では、どのようにして得意分野を確認したらよろしいのでしょうか?


以下は、私のこれまでの経験ですので、全ての業者に当てはまる訳ではありませんが、

傾向として参考になればと思います。


■駅前の大手不動産屋さん

 駅から出ると、全国チェーンの不動産屋さんが目に入ることが多くあります。

 お客さんは鉄道を利用するお客さんですね。特に大都市で鉄道を利用するお客さんの多くは

 「賃貸物件」を探すお客さんです。

 賃貸中心の不動産屋さんは、2月~4月、9月~10月は賃貸物件が動く時期でもあるので、

 じっくりと相談したい場合は、この時期は忙しいのでなかなか相談に対応してもらえない場合

 もあります。


■宅建業免許番号の数字はどうか?

 不動産業者の免許番号の括弧の数字がネットでも説明されます。

 たとえば、「〇〇県知事(5)〇〇号」といった記載の括弧内の数字です。

 この数字が大きいほど古くから不動産業を経営しているということはわかります。

 とはいえ、数字が大きければ「売買」が得意か?というと、そうとは限りませんが、経験やノウハウは

 数字が小さい業者よりも多いと言えます。

 

■一番は、いろいろな不動産屋さんを回ってみること

 おすすめは「看板」だけではわかりませんので、とにかく複数の不動産屋さんに足を運ぶことだと

 私は思います。

 ただし、「専任媒介契約」をしてしまうと、他の業者にお願いすることができなくなることは要注意です。

 

 とりあえず、媒介契約をするまえに、「まだ検討中なのだが」ということで、複数の不動産屋さんに足を

 運び、いろいろな担当者と話をしてみることをおすすめします。


 良いことばかりを話すのではなく、慎重に考えてくれたり、口数は少ないながらも、「なるほど」と思える

 ようなアドバイスをしてくれる担当者を見つけることが良い売買をするためのコツだと考えます。

 特に、相談したときの態度や話し方はもちろんですが、だめなことはだめ、できることはできると明確に

 答えてくれる担当者は良心的だと言えます。






 

 

 

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 440

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧