2017年07月23日
毎日が特別な日!こじつけ住宅記念日

7月23日は「天ぷらの日」です。

毎日が特別な日!こじつけ住宅記念日

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

7月23日は「天ぷらの日」だ。


一年で暑さが最も激しくなる大暑の日(7月23日ごろ)を「天ぷらの日」としている。

様々な食材を使う天ぷらは疲労回復に適しており、夏バテを防止するという意味も込められているそうだ。



天ぷらの盛り合わせ (画像=GAHAG)

天ぷらは、蕎麦、寿司と合わせて「江戸の三昧」と呼ばれ、東京の郷土料理となっている。

有名な話だが、天ぷらは日本発祥ではなく、安土桃山時代にポルトガルから伝わった。

鉄砲が伝来したのと同時期である。


「天ぷら」という言葉も、ポルトガル語で調味料を意味する「テンプロ」が由来になっているという。

しかし、油が貴重だった安土桃山時代で、揚げ物料理は滅多に振る舞われなかった。


「天ぷら」という言葉が文献に登場したのは、菜種油の生産が増えていった江戸時代のことである。

それまでも、衣で包んで揚げた食べ物はあったが、天ぷらという名称ではなかった。

1669年の『料理食道記』に「てんふら」という記述があり、これが初出とされている。

これから、江戸時代の料理本に「てんふら」が頻出してくるようになる。

東京天ぷら料理会のHPに詳しい。


幕末になると、庶民の味だった天ぷらが、お店でも出されるようになり、江戸だけでなく全国に広まっていく。そして、料亭などでも振る舞われ、一気に高級品というイメージが付いた。

今でも、料亭や旅館では天ぷらが出される。


一般家庭でも提供される揚げ物料理だが、日清オイリオの調査では、揚げ物を「ほとんどしない」人が、

1997年の6%から2009年には30%に増加し、調理頻度が減少しているという。

マイナビが行った「家庭料理だけど作るのが難しい料理」の調査でも2位に上がっている。

「油の処理が大変」「片付けがめんどう」「洗い物が大変」という声が多数あがる揚げ物料理だ。

しかし、家計調査での「揚げ物」の項目では、消費量は減っておらず、むしろ上がっている。

お惣菜で購入する人が増えたのだろうか。


共働きが増えている昨今、時間と手間のかかる揚げ物料理は敬遠される傾向にある。

しかし、男性の多くが好きな料理として挙げるのも揚げ物料理だ。

高級店のカウンターで食べる天ぷらは美味しいが、山盛りになった家庭の天ぷらも味わい深い。

家庭からは遠ざかりつつある「天ぷら」。

復権を願う。


  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 449

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら最短45秒の入力で、 全国1,400社以上の不動産会社が対応!

最短45秒で不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧