2017年08月14日
毎日が特別な日!こじつけ住宅記念日

8月14日は映画監督「ヴィム・ヴェンダースの生まれた日」です。

毎日が特別な日!こじつけ住宅記念日

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

8月14日は映画監督「ヴィム・ヴェンダースの生まれた日」だ。


72歳。世界的な巨匠と呼ばれるにふさわしい年齢になった。


ヴェンダースはドイツ・デュッセルドルフ生まれ。

映画批評などを書きながら短編映画を自主制作し、1970年に「都市の夏」で長編映画にデビューする。その後、発表する作品が各種の映画祭で高い評価を受ける。


wim wenders
ヴィム・ヴェンダース (画像=Flickr)


青年と少女の交流を描く「都会のアリス」(1974年)、作家志望の若者の自分探しの旅がテーマの「まわり道」(1975年)など旅を下敷きにしたロードムービーで世界的な評価が確立された。この2作品に「さすらい」(1976年)を加えた作品群をロードムービー三部作として、映画のクラシックになっている。


以降、作風を変えることもあるがロードムービーがヴェンダースの代名詞になっている。


ヴェンダースは劇映画だけでなく、ドキュメンタリー監督としても評価が高い。ギタリストのライ・クーダーがキューバ人ミュージシャンを取り上げて制作した音楽アルバム「ブエナ・シスタ・ソシアル・クラブ」と同名の映画(1999年)は世界的なヒットとなった。音楽に人生を捧げる老いたミュージシャンの情熱あふれる演奏シーンは観客の心を打ち、世界的なラテン音楽ブームを巻き起こした。


そのヴェンダースが制作総指揮を執り、自身を含む6人の監督で作ったのがオムニバス・ドキュメンタリー映画の「もしも建物が話せたら」(2016年)だ。

ポンピドゥーセンター(パリ)やロシア国立図書館(サンクトペテルブルク)などの建物が語りかけてくるという変わった設定で、世界的な監督が一つの建物を題材に映像を紡いでいく。


ヴェンダースは本国ドイツのベルリンにあるベルリン・フィルハーモニーを取り上げる。建築家ハンス・シャロウによって設計されたもので1963年に竣工したコンサートホールだ。


映画では「建物は、あなたが考えている以上に世界に影響を与えている。外から見れば私は小さいが、開かれた社会という理想郷ユートピアが私の中に実現している」と建物に語らせている。


確かにこの映画で取り上げられた建物はどれも人々が集い、記憶を焼き付け文化や歴史がつくられている。決して自ら働きかけているようには見えないが、建物が人々の行動に作用していることに思い至る。美しい映像を見ながら、そんな感想がわいてくる映画だ。


余談だが、ヴェンダースが取り上げようと思った建物はもう一つあった。それは同じくベルリンのドイツ国立ベルリン図書館だ。こちらはヴェンダースの劇映画「ベルリン・天使の詩」(1987年)で、ロケ地として使われている。



敬称略
  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 477

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧