2017年08月24日
毎日が特別な日!こじつけ住宅記念日

8月24日は「愛酒の日」です。

毎日が特別な日!こじつけ住宅記念日

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

8月24日は「愛酒の日」だ。


300を超える酒にまつわる歌を残した歌人・若山牧水。その誕生日であり、牧水が無頼の酒好きとして知られることから、本日を「愛酒の日」という。


「白玉の歯にしみとほる秋の夜の酒は静かに飲むべかりけり」

若山牧水が歌った有名な短歌だ。

秋の夜長、ひとり静かに酒を飲み、過去と未来を思い人生を考える。大勢で酒を飲むのも楽しいが、ひとりで飲む酒もまた格別である、という意味だ。



若山牧水像 (画像=フォトライブラリー)

若山牧水の酒にまつわる豪快な逸話は事欠かない。

1日に日本酒を一升以上飲み、死因は肝硬変だった。しかし、夏場にも関わらず、死体がしばらく腐らなかった。医師は「アルコール漬けになったのでは」と驚いたという。


今でこそ、家庭で飲むお酒はビールが定番になっているが、普及し始めたのは、戦後になってからである。

「もはや戦後ではない」という言葉が流行語になった1956年、日本は戦後の好景気に沸き、この頃から家庭でビールを飲むようになった。



日本酒はやはり冷やですね (画像=写真AC)


それまでは一般家庭で、専ら日本酒が飲まれていた。

明治時代初期に、政府が酒に関する規制を排除し、醸造技術と資本がある者は自由に酒造りが出来るようになり、わずか一年で大小合わせて3万以上の酒蔵が誕生することとなる。


昭和に入ると、酒屋の御用聞きが各家庭に定期的に訪問し、注文を受け、配達していった。

土間にケースを置くなど、勝手知ったる、という存在のものも多くいた。

酒屋と家庭の関係性が親密だったのだ。


今では、家庭の酒の座をビールに奪われた日本酒だが、海外に目を向けると各地で日本酒ブームが生まれている。

日本酒の輸出量は毎年増えていき、「SAKE」は海外で定番化している。

日本旅行のアクティビティのひとつとして、酒蔵見学や飲み比べなども増えているという。


牧水が歌ったように、日本酒の過去と未来を考えながら飲むと、これまた一興、格別だろう。



敬称略

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 470

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧