2017年08月30日
毎日が特別な日!こじつけ住宅記念日

8月30日は「米ソ間のホットラインが開通した日」です。

毎日が特別な日!こじつけ住宅記念日

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

8月30日は「米ソ間のホットラインが開通した日」である。


1963年の本日、アメリカ(ホワイトハウス)とソ連(クレムリン)との間に設けられた直接回線の「ホットライン」が開通した。


1962年、ソ連がキューバにミサイル基地を建設したとの情報が明らかになり、アメリカがカリブ海を海上封鎖し、核戦争寸前にまで達した、いわゆるキューバ危機が起こった後の話だ。

このキューバ危機を回避するために、ソ連側が文書をアメリカに送ったが、大使から本国に届いてから、翻訳や暗号化解読といった様々なプロセスを要し、実際に内容が分かるまで12時間以上掛かったという。


これだけ長時間掛かってしまうと、1分1秒争う事態になると対処できないと、両首脳が直接対話する通信手段の必要性を感じたため、ホワイトハウスとクレムリン間に直接回線を設けたという。

ホットラインは通称・赤電話と呼ばれ、アメリカ映画でも、たびたび登場する。



赤電話 (画像=Photos For Class)


このホットラインを繋いだホワイトハウスだが、世界一有名な家といっても過言ではないだろう。

1792年の初代大統領・ジョージ・ワシントンの時に建設が始まり、二代大統領ジョン・アダムス時代に住むようになった。


ホワイトハウスは4階建てになっており、1階は一般公開されている。

大統領一家は2階と3階に居住しており、そこには、132の部屋と16の寝室、35のバスルームがある。居住スペースは、約1900平方メートルで約574坪もある。

ボウリング場から映画館、庭にはテニスコートまであるというからその規模には驚かされる。



世界一有名な家 (画像=写真AC)


ここまで、広いと引っ越しが大変だという。

ホワイトハウスへの引っ越しは、就任式の後、新旧大統領のお茶会が終わった後に行われる。

安全上の理由から外部スタッフは雇えないので、全てホワイトハウスの職員で作業を行う。

前大統領の荷物の搬出から新大統領の荷物搬入をする。荷量は莫大な数になるという。


全世界の人が知っている家だからこそ、それ相当の威厳と品位を保たなければいけないのだろうか。

現アメリカ大統領であるトランプ氏の子どもたちは、「たくさんの人に見られていてイヤだ」と不満を漏らしているという。子供からしてみれば、家にいても落ち着けないことは、大変な苦行だろう。

世界一有名な家が、世界一住みやすいとは限らないようだ。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 1408

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら最短45秒の入力で、 全国1,400社以上の不動産会社が対応!

最短45秒で不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧