2017年08月31日
毎日が特別な日!こじつけ住宅記念日

8月31日は医学博士「マリア・モンテッソーリが生まれた日」です。

毎日が特別な日!こじつけ住宅記念日

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

8月31日は医学博士「マリア・モンテッソーリが生まれた日」だ。


イタリアで初めての女性医学博士号を取得した彼女は1870年の本日生まれた。


イタリア・マルケ州に生まれ、女性として初めてローマ大学医学部に入学する。

その当時は、女性差別が大きく残る時代であったため、授業や実習などでも、別室で一人解剖を行うなど差別的な対応を取られていたという。

そういった逆境を乗り越え、博士号を取得する。


その後、独自の教育法を考案した。

モンテッソーリ教育と呼ばれる、この教育法が最近注目されている。

あの、デビューから負けなしの29連勝という新記録を出した将棋の藤井聡太四段が、このモンテッソーリ教育で育ったという。

他にも、有名起業家や著名人は多数、この教育法で育っている。

例えば、Googleの創立者である、セルゲイ・ブリンとラリー・ペイジ、そして、マイクロソフトの創設者ビル・ゲイツなど挙げればキリがないほどたくさんいる。

欧米では、約3割の子どもがこの教育法を受けているという。



おもちゃで遊ぶ幼児 (画像=写真AC)


どうして、モンテッソーリ教育はたくさんの天才を生むのだろうか。

その答えは、明らかではないが、そもそも、モンテッソーリは、すべての子どもは「自らを成長・発達させる力」を持っていると考えていた。

そのため、教育において、大人が何かをやらせるのではなく、自発的な活動を援助する存在に徹しなければならない、という信念を持っていたそうだ。


教育に良い家とは、どういったものなのだろうか。

教育を主体においた家づくりは少ない。

居住空間で「子供部屋は必要なのか?」「リビングで勉強させた方が良いのか?」といった疑問を持って悩む人も少なくない。

「幼児期から多くの時間を過ごすリビングでは、何にでも興味を持たせるために雑多な方が良い。片付きすぎると、刺激が少なく、考える子供に育たない」という。(日経DUAL)


モンテッソーリ教育は、子どもの興味・関心を最大限に引き出す教育法だ。

日本の家は、キレイで整っている家庭が多い。整いすぎていると、子どもの興味・関心を引き出せないという。

「教育」という部分に目を向けると、子どもの自主的な成長を妨げているのかもしれない。



敬称略

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 381

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら最短45秒の入力で、 全国1,400社以上の不動産会社が対応!

最短45秒で不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧