2017年09月02日
毎日が特別な日!こじつけ住宅記念日

9月2日は漫画家「いしいひさいちの生まれた日」です。

毎日が特別な日!こじつけ住宅記念日

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

9月2日は漫画家「いしいひさいちの誕生日」だ。


『ののちゃん』などで知られる、いしいは1951年の本日、岡山県で生まれた。


関西大学在学中に、アルバイト情報誌にて、4コマ漫画『oh!バイトくん』でデビューする。

この『oh!バイトくん』は評判となり、単行本も発売される。

その後、代表作となった、元プロ野球選手・田淵幸一をモデルとした4コマ『がんばれ!!タブチくん!!』を発表、アニメ化もされる。


また、1991年から朝日新聞で連載していた『となりの山田くん』は、スタジオジブリで映画化もされる。

この『となりの山田くん』だが、主人公よりも妹である、ののちゃんの人気が高かったため、1997年より、主人公とタイトルを変え、『ののちゃん』として連載を続けた。



朝日新聞で連載中の『ののちゃん』 (画像=リビンMagaZine編集部撮影)


2017年3月には、『ののちゃん』が連載7000回を超えた。

『となりの山田くん』時代から通算すると朝日新聞史上最長の連載漫画である。


いしいは、メディアへの露出を極端に嫌っており、『となりの山田くん』を映画化する条件として、記者会見やプロモーションに出ないことを約束させたという。

のの子が住む「たまのの市」は、いしいが生まれた岡山県玉野市をモデルにしている。

作品では、登場する家庭は三世帯住宅だ。

おばあちゃんやのの子がボケで、お母さんが突っ込むパターンが多い。

中には、オチが難解すぎて分からないこともある。


いしいは『ののちゃん』など、家庭の日常や学生の貧乏生活などを描いた作品が多いが、その中にも、政治や経済、流行などの風刺が織り込まれている。

また、その風刺を含んだ作風から、単行本などの、自身の紹介文では「作品傾向から敵が多く、今も引っ越しをくり返す。住所不定。」という一文が書かれている。

これは嘘ではなく、実際に引っ越しを繰り返しており、これまで大阪市、神戸市、江東区、鎌倉市など分かるだけでも、これだけ引っ越しをしている。


4コマ作品でありながら、「手塚治虫文化賞」や「日本漫画家協会賞」などを受賞し、玄人からも評価されている。

いわゆる、4コマ漫画の基本である起承転結を壊した、と言われているが、いしい自身はそういった意識は全くなく、そもそも4コマ漫画に基本などないと話している。

だからこそ、枠にとらわれない、自由な作風から生み出される漫画が爆笑を誘うのかもしれない。



敬称略

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 576

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら最短45秒の入力で、 全国1,400社以上の不動産会社が対応!

最短45秒で不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧