2017年09月11日
毎日が特別な日!こじつけ住宅記念日

9月11日は小説家「オー・ヘンリーの生まれた日」です。

毎日が特別な日!こじつけ住宅記念日

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

9月11日は小説家「オー・ヘンリーの生まれた日」である。


「短編の名手」と呼ばれたオー・ヘンリーは1862年の本日、生まれた。

短編小説を得意とし、381編もの作品を残す。




オー・ヘンリー (画像=American Literature)


働いていた銀行のお金を横領した疑いをかけられ、服役するなど、その人生は波乱万丈だった。


元々、本の虫であったため、服役前から数々の短編小説をしたためていた。服役中、刑務所から密かに新聞社や出版社に小説を送り、3作が出版される。


オー・ヘンリーはペンネームであり、本名はウィリアム・シドニー・ポーターという。一説には、獄中に届く新聞の社交欄に書いてあった名前ヘンリーと呼びやすいオー(O)を組み合わせたと言われている。


獄中で、看守の目を通さず、新聞社に投稿していたことは違反であったため、ペンネームでなければいけなかった。釈放後、単身ニューヨークへ移り、正式に作家活動を始める。


オー・ヘンリーの代表作に『都会の敗北』がある。


田舎町で育った少年が、都会で青年実業家として成長し、確固たる地位を手に入れる。さらに、社交界で出会った美人令嬢を妻にする。そこから、妻を故郷へ連れて帰るところから物語は始まる。


妻が故郷で見た彼の姿は今までと全く違っていた。いつも落ち着いている彼は、家族と大はしゃぎし、騒いでいる。そんな、故郷の空気を吸った、ありのままの彼を見て、今まで以上に好意を持つ。


生まれ故郷へ帰るこの物語のように、実家との距離を気にする人は多い。特に、新しく家を買うときは、実家との距離感を大事にするという。


SUUMOのアンケートによると、半数近い人が実家の近くに家を建てたという。さらに夫か妻、どちらの実家に近くするかというと、妻なのだ。やはり、今後の育児・子育てを考えると、妻の実家に近いほうがありがたい。



敬称略

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 1406

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧