2017年09月14日
毎日が特別な日!こじつけ住宅記念日

9月14日はモナコ公国王妃「グレース・ケリーが亡くなった日」です。

毎日が特別な日!こじつけ住宅記念日

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

9月14日はモナコ公国王妃「グレース・ケリーが亡くなった日」だ。


1982年の本日、不慮の交通事故で亡くなった。52歳だった。


ハリウッド女優として、クール・ビューティーで名を馳せたグレース・ケリーは、26歳でオスカーを獲得し、将来を嘱望されていた。


そんな全盛期に、モナコ公国の君主であるレーニエ3世と恋に落ち、公妃になるため女優業を引退する。



グレース・ケリー (画像=Photos For Class)


グレースには、公妃として幸せな結婚生活が待っているかと思いきや、レーニエ3世の公務は多忙を極め、すれ違いの日々だったという。


ある日、映画監督のヒッチコックから映画出演のオファーが届く。


公妃としての生活と、映画出演の間でグレースの心は揺れ動いたとされる。


そんな中、グレースがハリウッドに出戻りという、報道が出たという。国民からは批判が殺到し、グレースは次第に宮殿に引きこもるようになった。しかし、誠実さと粘り強さで、自らの人生を切り拓いていく。自身の名を冠した文化基金を設立し、モナコの文化・芸術の発展に貢献する。次第に国民もグレースに心を開いていくようになったとされる。


グレース・ケリーが暮らしていた宮殿は、旧市街の小高い丘の上にある要塞の跡地に建てられている。


ルネサンス様式で贅の限りを尽くした建造物である。室内はシャンデリアや装飾品で飾られ、1階は美術館として一般公開され、公家の持つ美術品が展示されている。


グレースは日本文化を愛好していたことでも知られ、特に華道や日本庭園が好きだったという。好きが高じて、モナコでの日本庭園造営を熱望していた。


しかし、夢がかなう前に、グレースは悲劇に遭う。


1982年9月13日、自身の運転で別荘がある南フランスからモナコへ帰る途中、突然の脳梗塞を発症する。自動車はガードレールに激突し、崖から40メートルほど落下、大破する。事故後、グレースは意識が回復しないまま、翌日の14日に死亡する。


葬儀では、国民全員が悲しみに暮れた。


その後、夫であるレーニエ3世は、グレースのかねてからの希望であった日本庭園をモナコに作る。フランス語で「グレースの庭」という意味の名を冠し、今でも多くの観光客が来園する名所になっている。



敬称略

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 1536

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧