2017年09月15日
毎日が特別な日!こじつけ住宅記念日

9月15日は実業家「土光敏夫が生まれた日」です。

毎日が特別な日!こじつけ住宅記念日

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

9月15日は実業家「土光敏夫が生まれた日」だ。


昭和を代表する財界人で、数々の企業再建に貢献した土光敏夫は1896年の本日、岡山県で生まれた。


東京高等工業学校(現・東京工業大学)機械科を卒業後、東京石川島造船所(現・IHI)に入社する。

石川島芝浦タービン(現:IHIシバウラ)に出向後、猛烈な働きを見せ、経営難に陥った本社の社長に就任する。

ここから、土光の企業再建劇場が始まる。


徹底した経費削減と生産性の合理化を図った。さらに、朝鮮戦争の特需により、業績は上向きで伸びていったという。

次は、これまた経営難に陥っていた東京芝浦電気(現・東芝)の再建を依頼され、社長に就任する。

東芝では、上層部と下部の意見交換を活発に行わせ、社内組織の改革を打ち出し社員のモチベーション上昇に力を入れた。

東芝も再建に成功させ「ミスター合理化」と呼ばれるまでになる。


そんな、大企業の社長を歴任し、再建に貢献した土光だが、徹底的に合理化を図る、自身のビジネススタイルと同様に、生活も最低限度までそぎ落としていた。

自宅は横浜市にあり、30坪ほどの一般的な木造一軒家で、大企業の社長には似つかわしくない古家だった。

歯ブラシとコップは50年間同じものを使い、最低限の生活費以外はすべて、母親が開校し、死後、土光が理事長を務めていた橘学園に寄付していたという。

NHKに夕食の風景が映し出された際、メザシに玄米、菜っ葉、みそ汁というメニューにより「ミスター合理化」から「メザシの土光さん」という名前が定着する。



メザシ (画像=Photo by (c)Tomo.Yun)



1954年に、土光が造船の汚職事件に巻き込まれ、逮捕された時に、検察官が家宅捜索のため自宅へ向かうと、企業の社長とは思えない家の佇まいに驚いた。

そこでバス通勤しているのを見て、検察官は、土光の無罪を確信したという。


土光は、1988年に老衰のため死去した。91歳であった。

合理化と経費削減で再建を果たした土光だが、どの社員よりも朝早く、夜遅くまで働いたという。

質素な生活からくるバイタリティがそうさせたのだろうか。



敬称略

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 453

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら最短45秒の入力で、 全国1,400社以上の不動産会社が対応!

最短45秒で不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧