2017年09月16日
毎日が特別な日!こじつけ住宅記念日

9月16日は「マッチの日」です。

毎日が特別な日!こじつけ住宅記念日

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

9月16日は「マッチの日」である。


1948年の本日、マッチ配給統制規則が改正され、それまで配給制だったマッチの自由販売が認められた。


以前は、ありとあらゆる着火に使われていたマッチだが、ライターの普及やコンロにも着火装置が付くようになり、現在では、需要が大きく低下している。


若者の中には、マッチを使ったことも見たこともない人も多いという。確かに、街で見かける機会は少なくなった。




マッチで作った家が燃えている (画像=pixabay)


マッチが生活必需品だった時代、「火の用心 マッチ一本火事の元」という標語があるように、多くの火事の原因にマッチが関係していた。


木造住宅に加え、囲炉裏やかまどといった調理・暖房器具のほとんどが直火だったため、引火が多かった。


大規模な火災は1934年に函館で発生した函館大火である。


囲炉裏の不始末が原因で火災が発生し、市内の1万を超える家が延焼して焼失、死者も2,000名を超える大惨事となる。当時、瞬間最大風速30mを超える強風に見舞われ、火は瞬く間に燃え広がったという。


今では、住宅の防火性能の強化に加えて、オール電化などで火を使わない家庭も多く、火災の発生件数は毎年減少している。しかし、少なくなったとはいえ、まだ、全国で4万件近い数の火災が発生している。


その中でも、火災での死者の半数以上は高齢者である。逃げ遅れが主な理由だ。


今後、高齢化が進むにつれ、懸念は高まっていく。


  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 460

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧