2017年09月27日
毎日が特別な日!こじつけ住宅記念日

9月27日は「横浜米軍機墜落事件が発生した日」です。

毎日が特別な日!こじつけ住宅記念日

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

9月27日は「横浜米軍機墜落事件が発生した日」である。


住民3名が死亡し、6名の負傷者を出した大惨事は1977年の本日、起こった。


9月27日の13時過ぎ、横浜市緑区(現・青葉区)の住宅地に重さ約26トンの米軍機が墜落した。

厚木海軍基地を離陸し、太平洋上にある空母に向かおうとしたアメリカ軍の航空機が、離陸直後にエンジン火災を起こしたのだ。

乗員2名は、異変に気付き、直ちにパラシュートで緊急脱出を図った。

しかし、制御を失った無人の機体が緑区荏田町(現・青葉区荏田北)に墜落する。



墜落した機体と同機種の戦闘機 (画像=flying leathernecks)


機体は炎上し、上空でバラバラになったエンジン部分が民家を直撃する。

噴き出した燃料が辺りに広がり、半径150メートルを燃やし尽くした。


エンジンが直撃した家からは、住民が衣服が焼け落ちた姿で、2人の子どもを抱えて飛び出してきた。

4人とも、全身が重度のやけど状態で、子ども2人に至っては、やけどが対表面積の100%に達していたという。


自衛隊が出動したが、真っ先にパイロットの救出にあたり、事故現場には消防車が来ているのを確認しただけで、救助には向かわなかった。

駆け付けた、アメリカ軍関係者も、墜落した機体とエンジンを回収するだけだった。


被害に遭った子ども2人は次の日、息を引き取った。

母親は、治療のために、薬品の風呂につかるなど、想像を絶する苦痛に耐えたとされる。

しかし、子ども2人を失った精神的なダメージが計り知れず、心因性の呼吸困難によって、事故から4年後、亡くなった。


自宅にいながらにして、このような悲惨な目に遭うとは、誰が想像できただろうか。


この事故以来、米軍基地の危険性が指摘されるようになる。

アメリカ軍基地は全国に134か所に及ぶ。その多くは沖縄県に属する。

決して忘れてはいけない事件だ。


  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 801

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら最短45秒の入力で、 全国1,400社以上の不動産会社が対応!

最短45秒で不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧