2017年09月29日
毎日が特別な日!こじつけ住宅記念日

9月29日は画家「ロイ・リキテンシュタインが亡くなった日」です。

毎日が特別な日!こじつけ住宅記念日

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

9月29日は画家「ロイ・リキテンシュタインが亡くなった日」である。


ポップアートの第一人者として知られるロイ・リキテンシュタインは、肺炎のため、1997年の本日亡くなった。73歳だった。


リキテンシュタインは、1960年代にアンディー・ウォーホルらとともに、ポップアートを第一線に押し上げ、世界に影響を与えた人物だ。


ポップアートとは、雑誌や広告、漫画などを題材にした芸術であり、大衆文化の影響下で急激に発展したもの。

その中でも、リキテンシュタインは、パロディを通じた表現を得意とした。特に新聞などに描かれていた大衆漫画をモチーフに絵画を創作する手法で、洗練されながらも親しみやすいアートを量産した。

作品の多くは、原色でベタ塗りし、影はドットの大小で表現されている。

リキテンシュタインは、印刷する際に写り込むドットを手書きで表現し、まるで印刷物を拡大したかのように描いた。派手な原色は誰の目にもとまり、注目を集めた。



ロイ・リキテンシュタインのポップアート (画像=Photos For Class)


リキテンシュタインが初めて個展を開いた時、その奇抜さから、これまでのアートの概念に凝り固まった守旧派から多くの批判が寄せられた。

しかし、当時の若者には、熱狂的に受け入れられた。

1960年代の若者は、大量生産される商品やカルチャーに飽き飽きしていた。

ポップアートは、その大量生産品をデフォルメしたうえ、さらに魅力的に描き、若者の知的欲求を満たしたとされる。

そのポスターや版画などは、部屋の中に飾られ、芸術という文化を若者の部屋に持ち込ませた。

アートを小さなアパートの中にまで持ち込み、気づまりな美術館や成金趣味の邸宅から強奪してみせたのだ。


リキテンシュタインは、ポップアートの旗手として現れて以来、30年以上にわたり、第一線で活躍し続けた。

しかし、やがてポップアートは、衰退の一途を辿っていく。

熱しやすく、冷めやすい若者文化は、ロックやファッションなど他の芸術に目移りしてしまったのだ。


その後、ポップアートは、広告業界に受け入れられ、様々な商品の広告に使われた。

商品をアイコン化できるポップアートは、広告美術として、日常のなかに普及し、生活の一部となる。

その中でも、リキテンシュタインは一貫してパロディとしてのポップアートの姿勢を崩さなかった。

いまも、リキテンシュタインの作品はお菓子の包み紙やTシャツのデザインに使われ、アートと気づかれないままに我々の生活に影響を与えている。



敬称略
  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 505

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら最短45秒の入力で、 全国1,400社以上の不動産会社が対応!

最短45秒で不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧