2017年10月03日
毎日が特別な日!こじつけ住宅記念日

10月3日は脚本家「花登筐の亡くなった日」です。

毎日が特別な日!こじつけ住宅記念日

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

10月3日は脚本家「花登筐の亡くなった日」である。


昭和を代表する脚本家で、上方喜劇をけん引した花登筐(はなと こばこ)は1983年の本日、亡くなった。55歳だった。


テレビ草創期のスター脚本家であった花登は、『番頭はんと丁稚どん』や『細うで繁盛記』といった、大阪の商人を主人公とした脚本を多数執筆した。


出身地の滋賀県大津市で劇団を結成し、役者として芸能の道をスタートさせる。その後、作家を目指し、ラジオ局へ脚本を持ち込むようになる。東宝と契約を結びラジオ作家として活動するようになった。




白黒テレビ (画像=写真AC)


テレビデビューとなった作品は、大阪テレビで放送していた『やりくりアパート』だ。


大阪の下町にあるアパート「なにわ荘」を舞台にしたコメディで、大村崑や芦屋雁之助など、主に劇場で活動していた若手コメディアンを多数起用し、人気を博した。花登を人気脚本家にした作品でもあり、若手コメディアンの出世作としても知られる。


戦後の大阪は、文化住宅と呼ばれる木造2階建てのアパートが多く建てられていた。当時の世の中も、ドラマと同じように、貧乏ながらも仲間と共に暮らす人が多かったのではないだろうか。親近感からチャンネルを合わす人も多かった。こうした市井の人を主人公に、ドラマを作るのも花登の代名詞だった。




古いアパート (画像=ぱくたそ)


その後は、劇団を主宰するなど、後進の育成に力を注いだが、1983年、北海道で執筆中に体調を崩し入院、同年肺がんのため死去する。


人気作家であり、速筆として知られた花登は、最盛期で月に原稿用紙2,000~3,000枚分の脚本を執筆し、生涯で書いた脚本は6,000本を超えるという。


さらに、大阪から東京間を移動する新幹線の車内で1時間のドラマを書き上げたといわれる。「新幹線作家」や「カミカゼ作家」とも呼ばれていた。


30歳で脚本家デビューし、55歳で亡くなるまで25年。新幹線のようなスピードで駆け抜けていった生涯だった。


敬称略

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 749

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧