2017年10月04日
毎日が特別な日!こじつけ住宅記念日

10月4日はテレビ番組「『笑っていいとも!』が放送開始した日」です。

毎日が特別な日!こじつけ住宅記念日

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

10月4日はテレビ番組「『笑っていいとも!』が放送開始した日」だ。


かつて「お昼の顔」として、32年続いた国民的番組『笑っていいとも!』は1982年の本日、放送開始した。



『笑っていいとも!』の収録が行われていたスタジオアルタ (画像=フォトック)


『笑っていいとも!』といえば、「単独司会者の生放送の長寿記録」としてギネス記録に認定されたり、25年連続して放送同時間帯の民放年間視聴率トップを獲得したり、言わずと知れた国民的番組である。

タモリ自身も国民的司会者と呼ばれているが、番組開始当初は、そのように呼ばれるには程遠かった。


『笑っていいとも!』は、B&Bやツービートなど漫才ブームをけん引した芸人が多数出演していた『笑ってる場合ですよ!』の後続番組としてスタートする。

当時のタモリは、イグアナのモノマネや四カ国語麻雀など、アクの強い、深夜番組の芸人というイメージが強かった。

今では想像もつかないが、テレビやラジオなどで、下ネタが多く、特に女性から嫌われる存在だったという。

タモリは「第68回日本放送協会放送文化賞」の授賞式で、当時の自分について「江頭2:50」と同じような扱いだった、と話している。

当時の制作陣は、そんなタモリをお昼の番組の司会者に抜擢したのだ。

抜擢したプロデューサーが「こいつを夜の顔から昼の顔に」という考えで決定したと語っていたが、清水の舞台から飛び降りるような決断だっただろう。



サングラス (画像=写真AC)


番組が始まってからも、酔っ払ったまま番組に出演したり、「俺は子供が嫌いなんだ」と発言したり、それまでのアクの強さが残ったままの司会ぶりだった。

その影響で、視聴率も芳しくなく、半年で打切りとの報道も出るほどだった。

しかし、番組が続いていく中で、そのアクが抜けていき、ユルい司会ぶりが評価されるようになる。

それから、32年も続く国民的番組へと成長していくのだ。

平日のお昼は『笑っていいとも!』を見ることが当たり前で、生活の一部になっていた。

学校や会社を休んだ時に、『笑っていいとも!』が見られる、と思った人もいるのではないだろうか。


「お昼の顔」としてのタモリは見ることができなくなったが、以前のようなアクの強いタモリは、他の番組で見ることができる。


敬称略

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 648

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら最短45秒の入力で、 全国1,400社以上の不動産会社が対応!

最短45秒で不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧