2018年07月01日
毎日が特別な日!こじつけ住宅記念日

7月1日は「東京都政記念日」。東京都庁付近は住みやすい?

毎日が特別な日!こじつけ住宅記念日

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter


新宿にある東京都庁 (画像=リビンMagaZine Biz編集部撮影)



日本の首都である「東京都」が生まれたのは、1943年の7月1日のことだ。この日にちなみ「東京都政記念日」が制定された。


東京“都“の歴史は75年と実は100年にも満たない。1868年に江戸幕府が幕を閉じ「江戸」を「東京」と名前をあらためてから1943年までの75年間は「東京府」という名前だった。さらに1889年からは府内にある15区(麹町区、神田区、日本橋区、京橋区、芝区、麻布区、赤坂区、四谷区、牛込区、小石川区、本郷区、下谷区、浅草区、本所区、深川区)が東京府から分かれ、それらの区域を統括する「東京市」ができた。


関東大震災があった1923年以降には東京市外に移り住む人が増え、市外の都市化も進んだ。これにより、1932年には新たに品川区、荏原区、目黒区、大森区、蒲田区、世田谷区、渋谷区、淀橋区、中野区、杉並区、豊島区、滝野川区、荒川区、王子区、板橋区、足立区、向島区、城東区、葛飾区、江戸川区の20区が設置され、35区の大東京市となった。


東京が1943年に「府」や「市」を廃して「東京都」に変わった理由は、二重行政問題の解消と、戦時下での体制強化のためだ。一方、都政が始まったものの、区は35区のままだった。現在の23区に再編成されたのは、終戦後のことで、人口が激減したためだった。こうして、23区、26市、5町、8村で構成される現在の東京都となったのだ。



都政の中心・新宿は住みやすい街


東京都は今では2018年4月時点で区内に約950万人が住み、都内全体では1,370万人以上と、23区以外の地域にも多くの人が暮らす大都市となった。都政の中心はもちろん都庁であるが、かつての都庁は丸の内にあった。そこから1991年に移転し、新宿区西新宿2丁目に東京都庁が完成。第一本庁舎、第二本庁舎ともに、建築家の丹下健三が設計したことはあまりに有名だ。


都庁がある西新宿エリアは「オフィス街」というイメージが強いが、北側に行けば住宅用の不動産も思いのほか多い。スーパーや子どもが遊べる公園などは少ないため、ファミリーよりも単身向けの物件がメインだが、歩いて10~15分程度で新宿駅まで到着でき、終電後も歩いて帰ることができるというのは魅力的だ。実際に、リクルートSUUMO発表の住みたい街ランキングでも総合7位にランクしており、人気を裏付けている。


家賃が高いイメージもあるが、新宿駅から少し離れ、中野区側に行けば手の届きやすい価格となる。新宿の西側に住まいを見つければ「東京」の中心にいるような気分を味わえるかもしれない。



(敬称略)

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 261

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら最短45秒の入力で、 全国1,400社以上の不動産会社が対応!

最短45秒で不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧