2018年07月10日
毎日が特別な日!こじつけ住宅記念日

7月10日は「納豆の日」。日本一高い納豆があるところは日本一地価が安い?

毎日が特別な日!こじつけ住宅記念日

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter


(画像=リビンMagaZine Biz編集部撮影)



7月10日の「納豆の日」は、「7 10(なっ とう)」の語呂合わせから生まれた記念日だ。


今となっては日本全国で食べられるようになった納豆だが、そもそも保存食として納豆を作る文化がなかった関西では、納豆の消費量は非常に少なかった。そこで、関西地方における納豆消費拡大のため、1981年に関西納豆工業協同組合が記念日を定めたことからはじまった。さらに、1992年には全国納豆工業協同組合連合会がふたたび設定し、全国的な記念日となったのだ。


「納豆といえば水戸納豆」というイメージがある通り、小粒の大豆の生産が多い茨城県水戸市は納豆の製造も盛んだ。ならば納豆の消費量も不動の全国1位かと思いきやそうでもなく、実は毎年熾烈な納豆消費量争いが繰り広げられている。総務省が発表した家計調査によると、2017年の1世帯あたりの納豆購入額全国1位は福島市で、水戸市は3位。過去3年の水戸市の順位を見てみても、2016年は1位、2015年は5位、2014年は2位と、他都市との首位の奪い合いが続いていることがわかる。


いまでは食卓に欠かせなくなった納豆だが、その発祥時期は定かではない。しかし、歴史が古いことは間違いなさそうで、弥生時代からあったとも言われている。また、諸説のひとつに平安時代の後期、後三年の合戦の際に秋田で発祥したという説もある。他にも、聖徳太子が余った煮豆を藁に包んでおいたら発酵しており、食べたらおいしく、人々に広めるようになったという説もあるそうだ。今ではパック売りが主流になっている納豆も、昔は藁に入れて売られていたように、納豆の誕生において、煮豆と藁の関係ははずせないようだ。



納豆の産地・茨城県と発祥の地・秋田県の土地価格を比較


茨城と秋田は、納豆の生産、消費ともに盛んで、納豆文化を発展させてきた地域だ。茨城県には「おかめ納豆」で有名なタカノフーズや「中粒納豆本家」のあづま食品などのメーカー工場、秋田県には日本一高い納豆で知られる「二代目 福次郎」のふく屋や、「おはよう納豆」のヤマダフーズの工場がある。


これらの納豆メーカーがある2県を、土地の価格で比較してみると、2017年は茨城県が全国36位でひと坪当たり約119,000円となっている。一方で、秋田県は全国最下位のひと坪あたり約66,000円という価格で、全国的な納豆消費量の増加とは逆に、土地価格は減少傾向にあるようだ。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 373

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら最短45秒の入力で、 全国1,400社以上の不動産会社が対応!

最短45秒で不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧