2018年07月16日
毎日が特別な日!こじつけ住宅記念日

7月16日は「アポロ11号が打ち上げられた日」。月の土地で不動産ビジネス

毎日が特別な日!こじつけ住宅記念日

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter


(画像=リビンMagaZine Biz編集部撮影)



1969年7月16日は、世界初の有人宇宙船「アポロ11号」が打ち上げられた日だ。


アポロ11号が打ち上げられた背景には、アメリカとソビエト連邦(ソ連)の冷戦があった。超大国間で緊張状態が続く中、国家のプライドと軍事的な優位性を誇示するために、両国は有人宇宙飛行を競い合っていた。


最初に有人宇宙飛行を成功させたのはソ連だ。

1961年、宇宙船ボストークに乗ったユーリ・ガガーリンが人類で初めて宇宙に出た人物で、帰還後に発言した「地球は青かった」の名言はあまりにも有名だ。一方、ソ連に大きく遅れを取ったアメリカは、1960年代が終わるまでの間に、人類を月へ送り無事に帰還させる「アポロ計画」を立ち上げ、巨額の予算をつぎ込んだ。


こうして11回の実験を経て、12回目でついにアポロ11号の有人月面着陸に成功した。船長のニール・アームストロングを含む3人の宇宙飛行士が月面着陸した様子は、世界中にテレビ中継され、ついに月への宇宙旅行が成功したと人々を歓喜させたのだ。


ところで「月への旅行」といえば、有名な『月世界旅行』という小説がある。これは1865年にフランス人作家のジュール・ヴェルヌが書いた作品で、1902年にはジョルジュ・メリエスが監督し、無声映画として公開された。作品を見ると、当時の人々が月に「月人」がいることや、地球と同じように気候があると想像していたことがわかる。


このように、人類の月旅行の夢は古くからある。今では月周回旅行も計画され、2018年中に民間人2人を乗せて実現させる予定だという。アポロ着陸後半世紀近く経った現在も、その夢は続いているのだ。



月の土地は買える!?


我々にとって日常的に意識することの多い身近な天体である月。その月の土地を、購入できるのをご存知だろうか。この地球圏外の不動産業に取り組むのは、アメリカ人のデニス・ホープだ。1967年に発効した宇宙条約によると、天体を国家が所有することは禁じられているが、個人が月を所有してはならないと言及されていなかったそうだ。そこに注目したホープは月の不動産ビジネスを展開。現在も合法的に月の土地の販売と権利書の発行を行っている。


現実的な土地活用や不動産運用には頭を悩まされるものだが、たまには地球外の土地に夢を馳せてみるのも良いかもしれない。



(敬称略)

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 288

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧