2018年08月20日
毎日が特別な日!こじつけ住宅記念日

8月20日は「交通信号設置記念日」。信号機設置で土地活用!?

毎日が特別な日!こじつけ住宅記念日

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter


(画像=リビンMagaZine Biz編集部撮影)



8月20日は「交通信号設置記念日」だ。


1931年のこの日、銀座の京橋交差点や、尾張町交差点(現在の銀座4丁目交差点)など、34カ所の交差点に日本で初めて3色灯の自動信号機が設置されたことを記念して制定された。


左から、青、黄、赤のライトが並び、青は「進め」、黄は「注意」、赤は「止まれ」という意味が割り当てられ、我々はそれに当たり前のように従っている。この色の選定と意味の割り当ては、実は全世界で共通している。どの色も波長が長く、目視しやすい色ということで、国際照明委員会が既定した。このように、色の並びや形が異なっても、色の意味が共通していることで、海外でも安心して道路を渡ることができるのだ。


一方、普段我々が「青」と言っている「進め」を意味する信号の色だが、海外では「緑」として認識されている。青と呼んでいる信号をよくよく見ると、確かに青みがかった緑色であり、完全な青色ではない。しかし、日本人が葉の色を「青々としている」などと表現することがあるように、日本人にとっての緑と青の色の感覚は、世界基準では特殊だと言える。



私有地に信号機を建てる場合、借地料はどこから支払われる?


日本は狭い国土に関わらず、世界的に信号が多い国だ。


日本全国の信号機の総数は、208,061基(平成28年度 警視庁HP「都道府県別交通信号機等ストック数」より)となっている。また、最も信号機の設置数が多い都道府県が東京都で15,785基、次いで愛知県が13,302基、3位が北海道の13,055基だ。愛知県の面積が5,154km²なのに対し、東京都は2,188km²という面積の狭さとなっており、東京の信号機の密度の高さが伺える。


そんな信号機だが、道路に設置することで交通の支障になると判断される場合は、私有地に設置されることもある。信号機は、東京都においては警視庁、そのほかは各道府県の公安委員会が所有し、管理している。そのため、信号機が私有地に設置される場合の借地料は、警視庁または公安委員会から支払われることになる。


もっとも、借地の際に支払われる金額は少額にとどまるようだが、所有する土地の一角を信号機の設置場所として貸すことで、地域の人々の安全に繋がる、そう考えると、なかなか悪くない土地活用かもしれない。



(敬称略)

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 424

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら最短45秒の入力で、 全国1,400社以上の不動産会社が対応!

最短45秒で不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧