2018年08月23日
毎日が特別な日!こじつけ住宅記念日

8月23日は絵本作家ブルーナの誕生日。ミッフィーのふるさとの賃料は?

毎日が特別な日!こじつけ住宅記念日

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter


(画像=リビンMagaZine Biz編集部撮影)



8月23日は、絵本シリーズ「うさこちゃん(ミッフィー)」の作者で知られるグラフィックデザイナー、ディック・ブルーナの誕生日である。(2017年2月16日 死去)


ディック・ブルーナは、1927年、オランダのユトレヒトに生まれた。両親が出版社「A·W·ブルーナ&ズーン」を営んでいたこともあり、幼少期から本に親しむと同時に、絵を描くことも好きだったという。


画家志望であったブルーナは、第二次世界大戦後、後継者として父親の会社を継ぐことを条件に、高校を退学。ヨーロッパ各国の出版社へ行き、出版について学びながら、画廊をまわり精力的に活動していたそうだ。特に、フランスの画家で、フォーヴィズムを切り開いたマティスや、キュビズムの画家として知られるレジェの作品にインスピレーションを受けたという。


こうした活動を経ながら、自身の作風を確立していったブルーナは、父親の会社の後継者ではなく、専属デザイナーとして働く道を選んだ。主に装丁デザインを担当していたブルーナは、ジョルジュ・シムノン「メグレ警部シリーズ」や、「ブラック・ベアシリーズ」をはじめ、多数の書籍のデザインを長年手がけた。


日本では「ミッフィー」として知られるシンプルなうさぎのキャラクターが誕生したのは、1955年のこと。赤・黄・緑・青のブルーナ・カラーと呼ばれる4色を中心に使い、当時はめずらしい、表情がなくデフォルメされた形のキャラクターでありながら、そのシンプルで愛らしい姿は、子ども達から支持を得た。


その後、日本でもミッフィーの絵本シリーズが展開され、今では本国オランダに引けを取らないほどの人気キャラクターとして、子供だけでなく大人にも親しまれている。



オランダの家賃相場は東京よりも高い!


ディック・ブルーナが生まれたユトレヒトと、そこから鉄道でおよそ30分のところにある首都アムステルダムの中心部は、オランダでも家賃が高いエリアだ。小さな部屋でも家賃は1,000ユーロ(日本円で約12.7万円)を切ることはほとんどないそうだ。


また、東京は単身用の物件が多いが、オランダはそういった物件が非常に少ない。そのため、中心部に住むためには、1人で部屋を借りるというよりは、3部屋ほどついた、2,500ユーロ(日本円で約32万円)ほどのアパートをシェアするほうが現実的だ。


賃貸が高いのなら、物件を購入した方が安いのかと思えばそうでもない。住宅供給率が低いため、中古物件でも不動産価値が下がることが少なく、移民も増加し続けているといった様々な要因から、価格も近年上昇しているという。オランダの不動産購入はなかなかシビアなようだ。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 277

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら最短45秒の入力で、 全国1,400社以上の不動産会社が対応!

最短45秒で不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧