2018年09月07日
毎日が特別な日!こじつけ住宅記念日

9月7日は東京オリンピックの開催が決まった日。不動産と五輪の関係

毎日が特別な日!こじつけ住宅記念日

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter


(画像=リビンMagaZine Biz編集部撮影)



9月7日は「2020年東京オリンピックの開催が決まった日」だ。


2013年のこの日、ブエノスアイレスにて国際オリンピック総会(IOC)が開かれ、2020年夏季オリンピックの開催都市が東京に決まった。夏季オリンピックが東京で開催されるのは、1964年以来56年ぶりのことだ。


当時、フランス人と日本人のハーフであるアナウンサー・滝川クリステルのスピーチが大きな話題になった。2020年のオリンピック開催都市の候補地として、東京以外にスペインのマドリード、トルコのイスタンブールがあり、計3都市で争われたが、大会運営能力の高さ、財政力、治安の良さなどが決め手となり、東京に軍配が上がったという。


決定からしばらくは期待ばかりが高まったが、コンペに入賞したものの、莫大な建築費がかかることからザハ・ハディドの設計案が白紙撤回、隈研吾が新デザインを担当することになった、新国立競技場の再開発騒動やロゴマークのパクリ疑惑騒動が重なり、トラブルが続いている。



オリンピックによって東京の不動産はどう変わる?


現在、渋谷をはじめ、丸の内、汐留、品川など、さまざまなエリアで大規模再開発が行われている。2020年東京オリンピックが再開発の流れを加速させたのは間違いない。


他にも、競技場や選手村の建設、道路や鉄道の整備、公共施設の外国語対応など、オリンピック開催が決定した都市は、様々な整備が行われている。さらに、国内外から多くの人が集まることから、国内での不動産投資にもさまざまな影響があることが見込まれる。


東京オリンピックにより、不動産価値が上昇するとされているのは、東京都だけではない。神奈川県、千葉県、埼玉県の周辺の県も、オリンピックの影響で地価が上がると考えられている。また、東京オリンピックの競技場が建設される湾岸エリアは、特に人気が上昇するエリアとして注目されている。一方、羽田空港の増便による騒音で、住宅物件の不動産価値が下がることも懸念されている。


東京オリンピックの開催が近づくにつれ、ますます地価上昇や工事費用の上昇が見込まれるため、物件購入や建設、改築を考えている方は、早めに対応したいところだ。また、不動産の売却を考えている方は、価格が高くなることが見込まれる。


不動産ビジネスに関わる人にとっては、この活況がいつまで続くのか?という見極めが重要になっている。



(敬称略)

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 379

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら最短45秒の入力で、 全国1,400社以上の不動産会社が対応!

最短45秒で不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧