2017年04月13日
工藤 崇

2017年の主役。井伊彦根藩の屋敷は現在のあのホテル!①

工藤 崇

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

2017年度のNHK大河ドラマ「直虎」が話題です。戦国時代に活躍した「おんな大名」井伊直虎を主役としています。この井伊直虎、後の井伊直政(近江彦根藩初代藩主)の庇護者として戦国を生き抜きました。直政は徳川家康の重臣となり、大きな屋敷を賜ります。


1、井伊家の上屋敷は現在の憲政記念館周辺


江戸時代の大名は領地と江戸を定期的に滞在する「参勤交代」のもと、井伊家の子孫たちも彦根藩の当主として江戸に詰めていました。井伊家のような大大名は、上屋敷・中屋敷・下屋敷を賜り、用途を分けていました。


上屋敷…江戸滞在中の大名の執務場所、藩政の外交場所

中屋敷…先代藩主や子息の居住場所

下屋敷…非常事態(江戸の場合は往々にして大火事)の際の避難場所


皇居を中心に、上屋敷が近隣、中屋敷や下屋敷は郊外に配置されています。


井伊家の上屋敷は現在の憲政記念館周辺。目と鼻の先の皇居門は「桜田門」です。歴史に詳しい方であれば、すぐにピンとくることでしょう。


1860年(万延元年)、当時の彦根藩主で大老の地位にあった井伊直弼は、襲撃を受け命を落とします。この事件は「桜田門外の変」と呼ばれ、幕末へ向かう歴史の大きな転換点になりました。桜田門は井伊家の上屋敷からすぐ。井伊直弼は、屋敷を出たほんの数十分のあいだに、襲撃されたことがわかります。




2、井伊家の中屋敷は現在のホテルニューオータニ付近


井伊家の中屋敷は現在の「ホテルニューオータニ」付近です。この付近はやはり事件で名高い「紀尾井町」と呼ばれていますが、この由来は「紀伊(藩)・尾張(藩)・井伊(家)」を合わせたものといわれています。紀伊も尾張も御三家のため、徳川家を名乗っていました。そのため井伊家だけが大名の名字なのですね。


なお、井伊家の下屋敷は現在の早稲田大学付近と、明治神宮付近に配置されていました。


東京に住む方は、地方で育ち上京してきた、という方も多いと思います。いつも癒されているあの公園や、もしかしたら現在の自宅近くに、郷里の藩主様の屋敷があったかもしれませんね。Googleなどで「江戸 屋敷 場所」と入力すると様々なページが出てきます。これからは散歩に適した気持ちのいい季節。「屋敷跡めぐり」なんていかがでしょうか。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 628

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧