2017年03月15日
くらげ

抵当権ってなに? 抵当権がついた不動産は売却できる?

くらげ

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

抵当権がある不動産の抵当権とは?


抵当権のある不動産を売却することはできるのでしょうか。まず、抵当権についてご紹介します。金融機関からお金を借りる時に、不動産などに設定する担保の役割を果たす権利のことを抵当権と呼びます。お金を期日までに返せない時、組んだローンの支払いが滞った時、金融機関が担保として設定している不動産を競売にかけますよ、ということです。

銀行や信用金庫などの金融機関もローンの返済が滞るのは困るので、もしもの時は担保として設定しているものを売却して返済に充てるのです。基本的に、住宅ローンなどの高額となる融資は抵当権をつけなければローンを組むことができません。抵当権を設定しないと高額な借金はできないと考えていいでしょう。そして抵当権が付けられる対象は土地や家になります。


不動産に抵当権があると売却できない?


抵当権が設定されている不動産は、お金を借りるための担保になったものですから、なんとなく売却してはいけないような気がしませんか?実は、抵当権がついている不動産でも売ったり貸し出したりすることができます。土地や家に抵当権がついている場合、買主は見付かりにくいでしょうが、売買契約を結ぶこと自体は可能なのです。

例えば、住宅ローンを組んで購入したマンションの一室を、ローンを返済している最中に第三者へ売却しても問題ありません。少なくないパターンとして、永住する計画で分譲マンションをローン購入したにも関わらず、急な転勤などの事情で引っ越すことになった場合です。住宅ローンを払い続けながら、分譲マンションを売り出すか貸し出すかする、という状況になります。

ややこしい状態ではあるのですが、分譲マンションに住み続けることができない以上、誰かに入居してもらった方が空室にしているよりは損失が少なくなると考えられます。抵当権がついていると家賃や売却料が控えめになる可能性はありますが、住宅ローンを払い続けるために有効な選択肢の一つと言えるでしょう。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 239

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧