元 国税局職員  くらたです。

好きな業種は『宗教法人』です。





前回、『収支内訳書』③までやりました。

『所得金額』④には、所得を書きます。


給与所得は、収入から給与所得控除を引いて、事業所得は、『収支内訳書』で計算をして、など、所得の種類によって計算方法が異なりますので、ご注意ください。

それ以外の所得については、また機会をあらためて解説したいと思います。




今回は、『控除』について!

みなさん、『控除』が大好きのはずです。

ぼくは、家族と同じくらい大好き。

なにせ、『控除』が多ければ多いほど、払う税金が少なくなりますもの。

まあ、なんて素敵な。




ちょっと、確定申告書をご覧ください。







「所得から差し引かれる金額」⑤が、『控除』ですね。

たくさんあります。



雑損控除(10)盗難、横領、災害にあったときに控除できます。

全額ではなく、計算式に基づいて算出した結果を控除できます。





療費控除(11)医療費が10万円を超えた部分が控除できます。

年間の医療費100万円なら、90万円を所得から控除できます。

しかも、一緒に住んでる家族なら、多くの場合で合算できます。

家族合わせて10万円以上で、控除が受けられます。また、所得が200万円以下なら、医療費が所得の5%を超えていれば控除できることも。病院にかかったら、領収証を取っておいてください。



社会保険料控除(12)国民年金や健康保険、厚生年金、共済年金などが対象です。

会社員であれば、源泉徴収票に記載されています。

個人事業であれば、11月に届いた控除証明書を確定申告書と一緒に提出します。





小規模企業共済等掛金控除(13)イデコ、DC、確定拠出年金と呼ばれるものは、この欄で控除します。

いま、流行りのやつですね。自主的に入る年金“イデコ”には、3つの仕組み→優遇があります。


❶毎月掛け金を払う→社会保険みたいに収入から控除できる


❷掛け金を運用してもらう→プラスになっても税金かからない


❸60歳からお金を受け取る→控除がある


オススメです。お金に詳しい方は、概ね、参入しています。

ぼくのコラムを読んだあなたも、ぜひ、資料を請求してみてください。




『控除』は次回につづきます。



  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 649

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧