元  国税局職員  くらたです。

好きな不動産は、『ヘリコプター』です。




前回は、配偶者控除と配偶者特別控除の要件の違いを紐解きました、






では、それぞれいくら控除できるのでしょうか。

◆控除金額


扶養控除  38万円

配偶者特別控除   38万円〜3万円

(配偶者の所得によって変わります)




◆103万円の壁


いわゆる、世に言うところの「103万円の壁」には2つの効果があります。

あなたの配偶者の年収が103万円までなら、


・あなたが配偶者控除を受けることができる 

・配偶者が所得税を払う必要がない



という効果です。

この、103万円というのは、配偶者が、会社員、パート・アルバイトで、つまり、給与所得者なんですが、そのときに有効です。

給与所得控除が65万円ありますので、103万円から引いた残りの38万円が所得となります。

配偶者控除の要件のところに「38万円以下」とありましたね。

要件を満たしてます。

要件では、「38万円以下」なのに「103万円」という金額が先行したのには理由があります。

日本は、給与所得者の方がほとんどなので、具体的な年収で計算した「103万円の壁」という表現が流通したのです。

その方が分かりやすいですから。


配偶者特別控除でも、合計所得金額が40万までなら、配偶者特別控除が38万円になります。

控除金額で見ると、配偶者控除と変わりません。

配偶者が給与所得者で、年収が105万円ということですので、


・あなたは配偶者控除と同じだけの控除を受けられる(38万円)

・配偶者は所得税のかからない103万円より2万円年収が増えたので、2万円の5%、1,000円の所得税を払う


となります。

(厳密に言うと、住民税や健康保険への影響などもあります)



所得税と年収の関係は、「103万円」が有名ですが、他にも「106万円」と「130万円」の壁があります。

これらは、社会保険の加入に関係する壁です。

配偶者の年収が一定の水準に達すると、可処分所得が減ってしまう、大きな壁です。

どのくらいの労働でどの程度損をするのかは、また改めて時間を設けたいと思います。

ただ、個人的な見解では、「壁を気にせず働く」ことをおすすめしてます。



次回は、『確定申告の会場の解説』です!





  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 512

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧