元  国税局職員 くらたです。

好きな俳優は『片岡愛之助』です。



税金に詳しくなると、税金に詳しくない方から質問を賜るようになります。

一般的な税の質問でしたらお答えしますが、税理士大先生の専売に踏み込むようなクエスチョンにはお答えしません。



そして、そんな中でも、ひときわ輝きを放たない質問が「民泊やってるんですけど、◯◯◯◯」。

2018年の1月くらいに民泊新法が施行されるまで、ほとんどの民泊が非合法です。



東京都大田区や大阪の特区を除けば、旅館業法に抵触する宿泊所の営業はできないはずです。

違法な民泊をやっている方は、確信犯的に運営・営業していてぼくに質問をする。




ぼくの感覚では、「薬物やってるんだけど、経費で落ちるかなあ?」と質問されるのと同じくらい忌々しい。

どうして、平気な顔で民泊宣言できるのでしょうか。



と、ほとんどの民泊が非合法であることをお伝えした上で、空き部屋を活用するという手持ちの資産でキャッシュを調達するのは賢者の思考と考えます。

旅館業法の条文やルールは、本屋さんに関連書籍が溢れていますので、そちらを参照していただいて、ここでは日本経済新聞で記事になるような内容に留めたいと思います。



旅館業法に抵触しない民泊とは、ホテルや旅館のような設備を整えることが必要になりますよね。

たしか、受付とかせっちん、非常口とかいろいろな要件があるんだと思います。





空き部屋を活用しようという方は、法律を満たすような設備投資はできません。

だから、非合法で民泊サイトに写真を載せるのです。



民泊新法ができれば、年間180日を上限に宿泊させることができるようになります。

法治国家の国民としてのルールを守るのであれば、それから民泊を始めることをオススメします。



法を破ってまで利益を追求するなんて、愚の骨頂です。

愚か者の世界大会があったら、アメリカ代表にもやすやすと勝てるでしょう。

そんな汚れたお金で家族を養っても、誰にも誇れません。




民泊は、新法を待つか、リフォームして行なってください。



  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 353

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧