元 国税局職員 くらたです。

好きな10回クイズは『「天狗って10回言って」「天狗×10」「農家の人が納めてるものは?」「年貢!」「ブー、所得税でした」』です。





前回は、タワマン税制について、その成り立ちや概要を説明しました。

 

では、高層階と低層階では、どの程度税額が異なるのでしょうか。



とてつもなく合理的で理解しやすいルールなのですが、中間の階の固定資産税額は現在のルールと同じ、1つ上に上がるごとに約0.26%ずつ税額が高くなり、逆に中間階より1つ下に下がるごとに税額は約0.26%ずつ低くなる、こととなっています。





もちろん、遡及して適用されませんので、既存の建物ではなく、来月以降に購入したマンションのみ適用されます。

中間層を基準に、税額を上げたり下げたりしますので、マンション全体の税額はほとんど変わらず、自治体や国の税収が増えることはありません。



ちなみに、固定資産税は地方自治体、相続税は国の税金です。

固定資産税評価額を変えることで、相続税も変える狙いですが、来年度以降は、相続税単体のタワマン増税も予定されています。

富裕層の租税回避を抑制し、公平な税環境が整えられつつありますね。




そういえば、相続税は何年か前から増税されました。

基礎控除が改正されたのです。

相続財産が6,000万円以下なら非課税だったのですが、今は3,600万円以下なら非課税です。




この改正によって、相続税の確定申告が必要な方が圧倒的に増えました。

税務署や税理士事務所は大賑わい。

ファイナンシャルプランナーに相談する方も増えました。

ほとんど公言してませんが、ぼくもファイナンシャルプランナーです。



相続税は、基礎控除の変更だけでなくさらに、税率も上がっています。

続財産が2億円を超える方は、税率が一部分5%上がったり、最高税率も50%から55%に引き上げられました。




相続税は、いわゆる世にいうところのお金持ちが対象なので、貧困層と富裕層が増える二極化時代にあって、至極当然の対応だと思います。



4月から、物件を購入し、増税の影響を受ける方が現れれれば、またメディアが取り上げると予想されます。

そのとき、ぼくはここに帰ってきます。




  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 493

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧