2017年03月18日
FPサテライト 町田萌

どこの地域を選んでも、結局メリットとデメリットがある

FPサテライト 町田萌

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

FPサテライトの町田萌です。


今の日本では、地方移住ブームと都心回帰が同時に起こっています。


地方にも都心にもメリットデメリットがあり、住みやすい場所はそれぞれのライフスタイルによって異なります。

一概に地方が絶対に良い、都心が絶対に良い、とは言い切れないのです。


改めて、それぞれのメリットデメリットを考えてみたいと思います。




地方のメリット


地方の良さは、なんといっても自然の多さでしょう。


きれいな海や山に囲まれて、のんびりとした気分で暮らすことができます。


また、地域によっては野菜をおすそ分けしてもらえたり、自分で家庭菜園をすることで、新鮮でおいしい野菜を食べることができます。


住居費が安いのも大きなポイントです。



地方のデメリット


地方のデメリットで真っ先に挙がるのが、利便性の悪さでしょう。


地方は施設や店舗が都心に比べると揃っていません。

外出には自家用車が必須で、自動車の維持費用等も見過ごせません。


また、地域によっては人間関係が重要で、地域になじめなければ定住が難しくなります。


地方移住に失敗する原因の多くは、

仕事が見つからず、経済的に厳しくなった

地域の人間関係に溶け込めなかった

この2つだと言います。


特に、限界集落に近い地域は、同じ市内から引っ越してきてもよそ者といわれるほど、狭い人間関係が構築されてしまっています。

その中に溶け込むには、まめな挨拶や地域行事への参加が必要です。



都心のメリット


都心には人が集まり、施設や店舗も集まります。

すると、必然的に情報も集まります。


交通網が発達しており、地下鉄やバスを利用すれば徒歩で外出できます。


人や企業が集まっているので、仕事を選ばなければ雇用は豊富にあります。



都心のデメリット


都心は、なんといっても住居費が高いことがネックです。


物件を買うにも借りるにも、地方の相場と比べ物にならない高さです。


また、人が多く、自然が少ないので都会全体がせかせかギスギスしている雰囲気が漂います。

利便性はあれど、ずっと都心にいると息が詰まってきてしまいます。





ご覧いただいてわかるとおり、すべてが完璧な地域はありません。

大切なのは、自分のライフスタイルに合った地域を探すこと、

自分がどういったライフスタイルを送りたいかを考えて判断することです。


関連記事

二段階移住のススメ①

二段階移住のススメ②


  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 579

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧