2017年03月09日
めぐみ

家を売る時に参考にしたい、売るベストな時期とは?

めぐみ

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter


家を売る理由は、その人の事情により違います。売る理由を大きく分けると、前もって計画して引っ越すパターンと、突然の転勤や離婚などで売るパターン2つです。今回は計画して時間が多少あるパターンの、家を売る時期や手順について、豆知識を紹介していきたいと思います。


まず、家を売る時期ですが、ベストなこの時期!というものは厳密にはないと言われています。一般的には不動産の取引が活発になる時期は、春先の2月・3月、秋口の9月・10月です。この時期は車やバイクの取引も活発で、やはり新生活に向けた身の回り整理をしたいという、気持ちの現れかもしれません。春先と秋口に不動産の取引が多くはなりますが、そこで売ったからと言って、高く売れるわけではありません。さらに最近では、インターネットの不動産情報サイトが数多くあるので、いつでも物件情報が手に入るようになり、昔なら売れた時期という方程式は、当てはまらなくなっています。


ベストな時期がないのであれば、家を売る最適なターゲット像を明確にして、ターゲットが動く時期を予測して、家を売り出すことがおすすめです。例えば、ターゲットが会社員の場合は転勤、若い人の場合は結婚や独立、ファミリーの場合は子供の成長や進学、シニアの場合はリタイアとなります。これで、ターゲットが家の購入を検討するタイミングが、いつか予測が付くようになります。結婚の場合は、天候が極端な真夏や真冬は避ける傾向にありますし、転勤は4月1日に異動となる人が多いので、1月から3月を家の売却時期にするなど、ターゲットが動く時期を予測できるというわけです。こういったターゲット像の予測などは、不動産会社がしてくれることもありますが、売主が何もしないで、不動産会社に任せっきりにすることは問題です。それは家のことを一番知っている売主だからこそ、ターゲット像がはっきりするからです。不動産会社は家の特徴で提案していて、ターゲット像がずれることもありますので、売主が積極的に関わりましょう。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 276

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧