2017年03月09日
めぐみ

中古マンションが売れない原因とは?

めぐみ

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter


現在の日本は、高齢化社会になり、より核家族化や少子化が進んでいます。そんな中、流行の高級タワーマンションなどの大規模なものから、小規模なものまで、マンションは建設され続けています。一方で、中古マンションは溢れかえっていて、売ろうとしても、売れないというケースが増加傾向です。売れないと戸建て住宅と違って、毎月の管理費がかかって、負担がどんどん増えてしまいます。それではどうして中古マンションが売れないのか、原因を考えてみたいと思います。


売れない一番の理由は価格です。最初から高い価格の物件には、購入希望者は集まりませんし、その相場に合った価格でなければ、高いと感じて人が集まりません。値上がりが見込める地域や、立地などの付加価値がない限り、相場より高い価格で売られることはまずないので、中古マンションが売れない時は、最初に価格を見直しましょう。


次に挙げられるのは、マンションならではの管理費や修繕積立金です。せっかく売り出し価格が適正な価格でも、上乗せで管理費や修繕積立金がかかれば、高い金額になり、購入する気がなくなってしまいます。なお、古いマンションであればあるほど、修繕積立金が上がる傾向があるので、注意が必要です。


戸数が少ないマンションは関連が少ないですが、戸数が多いマンションでは、同じ時期に複数の部屋が売られるため、ライバルが多く売れない原因となります。同じような条件で比較されますし、他の部屋より条件が悪い場合は、価格を下げないと売れなくなってしまうので、最も強力なライバルと言えます。


最後に挙げられる原因は不動産会社の選び方です。不動産会社がいくら広告活動をしてくれるからといっても、力を入れて売ってくれない場合は、売れない原因となります。不動産会社が仲介手数料をもらいたい目的で、他社からの買主仲介を拒否していることもあるので、不動産会社の選び方は大切です。


以上の売れない原因があるので、改善できる所は改善して、中古マンションをできるだけ早く売れるようにしましょう。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 591

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧