2017年03月29日
めぐみ

賃貸アパートを売る3つの方法とは?

めぐみ

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter



賃貸アパートのオーナーで、空室が多くなった、アパートの買い替えを検討している、トラブルが続いて疲れたなど、

悩みがあるなら売ってみてはいかがでしょうか?

特にアパートの費用回収が済んでいるなら、修繕費がかさんでしまう前に、売ってしまった方が損をせずにすみます。

ここでは新築の賃貸アパートではなく、しばらく賃貸していたような築年数が経った、賃貸アパートの売り方について考えてみたいと思います。

売る方法には、土地を売る、不動産業者に現状のまま売る、一般の個人に売る、という方法があります。


土地を売るという選択肢は、アパートとして貸せないような状態の建物と判断された場合です。雨漏りがしていて、大幅な改修工事が必要となると、かなり費用がかかることが予想されます。築年数が経過していると修繕費は、かさむ一方なので、入居者に退居してもらい、建物を解体して更地にして販売します。ネックとなるのは入居者に退居してもらうため、非常に時間がかかる所です。なお、退去のことでトラブルになることもあるので、誠意を持って対応してみてください。


不動産業者に現状のまま売る方法は、入居者が住んでいる状態で買い取りしてもらう方法になります。更に多少、修繕する所があるなどの不具合があっても、買い取りしてくれるので、訳アリの方は検討してみては?この方法の場合、更地にして売ってしまうより、金額は下がってしまいますが、できるだけ早く手放したい方には、おすすめの方法です。


一般の個人に売る方法には、少し条件をクリアしているか確認することが重要です。個人がアパートを買うには、大体がローンを使います。しかし、ローン審査に通らない人が多く、審査に通らないので、買うことを辞退する話が結構多いです。このように一般の個人に売る時は、不動産業者に売る時より注意するポイントがあるので、気を付けましょう。以上のことから、賃貸アパートを売るには、現状を把握して、どの方法が最適か判断して、賢く売ってみてください。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 379

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧