2017年03月30日
めぐみ

離婚でマンションを売却するときのポイント

めぐみ

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter


マンションを売却する理由には、離婚・住み替え・相続・住宅ローンが払えないなど、それぞれの事情があります。

特に人生を共に歩んできたパートナーと離婚するときは、購入したマンションがあった場合など、財産分与が非常に面倒だと思います。

新たな人生を始めるにあたって、お荷物になるマンションは売却してしまいましょう。

ここでは離婚のとき、住宅ローンが残ったマンションの売却に焦点をあてて、損しない方法を紹介したいと思います。


離婚した二人にとって最も心残りになることが、残った住宅ローンです。残った住宅ローンを完済するには、簡単に言えばマンションを残った住宅ローンより、高く売ればいいわけです。このとき確実に住宅ローンを完済できる価格で売れる物件なら、普通に不動産売却をすることがおすすめです。流れとしては不動産会社に売却の仲介を依頼して、買主を探してもらいます。気に入った方がいれば内覧や交渉後、売買契約を結んで、受け渡しという流れになります。このときのポイントとして、依頼する不動産会社はマンション売却を得意としている会社を選ぶと、非常にスムーズです。


住宅ローンが完済できない価格では、普通の不動産売却をすることはできません。その理由は、金融機関が設定する抵当権を外してくれないからです。普通の不動産売却ができない場合は、金融機関と相談をした上で、不動産売却できる仕組みの任意売却をすることが可能です。任意売却をすれば、相場価格に近い金額で売れるため、住宅ローンを滞納してマンションが競売にかけられるより、高く売れます。任意売却をしても住宅ローンが残ってしまった場合、できる範囲で毎月返済をするようになります。任意売却の相談は、少し特殊なケースになるため、任意売却専門の不動産会社を探して、依頼することがポイントになります。このとき金融機関と交渉で、返済総額を減らすことや、引っ越し代金を用意することもできるので、有利になるように不動産会社選びは重要です。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 284

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧