2017年03月30日
めぐみ

古い住宅を賢く売却する方法

めぐみ

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter


日本では築年数が経過している古い住宅よりも、築20年以内の新しい住宅の方が、人気が高く売れやすい傾向にあります。

世界的には新築住宅よりも、中古住宅の方が人気なので、日本のような国は少し変わっていると言えます。

しかし、日本でも中古住宅が都市部でも売れていて、安くて物件が星のようにある中古住宅に注目が集まっています。

ここでは古い住宅を賢く高く売る方法を考えてみたいと思います。


古い住宅を売るには、更地にして売った方がいいというイメージがあります。しかし更地にすると固定資産税が最大で6倍になってしまいます。最近では、リフォームやリノベーションを目的に購入する人もいるので、まず中古住宅と土地で売り出してみましょう。不動産会社と相談して、中古住宅と合わせて古家付き土地と両方で売り出せば、住宅や土地を探している人にアピールすることが可能です。このとき希望なら更地引き渡し可、と記載しておくと売れやすくなります。準備として複数の解体業者に見積りを出してもらうとスムーズに進みます。


以前は、中古住宅を売主がリフォームすることがありましたが、自分でリフォームをしたい買主が増えているので、リフォームせずに値引きした方が売れる可能性があります。そのため無理にリフォームすることは、一旦考え直しましょう。


個人に中古住宅を売るときに注意したいのは、瑕疵担保責任です。これは売却から1年以内に、物件に不備が見つかった場合、修復する義務を負うという法律になります。しかし、古い住宅の場合、瑕疵担保責任を負わない特約を付けることもできるので、契約書には必ず明記しましょう。なお、不動産会社に物件を買い取りしてもらうと、個人に売るよりスピードが早い代わりに、買い取り価格は低くなってしまいます。理由は不動産会社で、リフォームや修復、維持費用などの経費がかかるためです。以上のポイントを踏まえて、新しい住宅でなく古い住宅でも、十分に売ることができるので、あきらめずに挑戦してみてください。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 382

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧