2018年07月16日
石井くるみの民泊最前線

相次ぐ民泊撤退で新ビジネスも誕生

石井くるみの民泊最前線

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

石井くるみの民泊最前線


住宅宿泊事業法(民泊新法)・改正旅館業法の施行から1カ月が経過しました。合法化のハードル引き下げと同時に行われた罰則強化を受け、民泊から撤退するプレイヤーも見受けられ、「民泊撤退事業」がにわかに注目を浴びています。(リビンマガジンBiz編集部)




(画像=写真AC)



個人・法人が不要品を気軽にインターネット上で売買できるポータルサイト「メルカリ」「ジモティ」において「民泊」のキーワードを検索すると、冷蔵庫や電子レンジ、洗濯機、ダイニングテーブルとベッドがセットになった家具一式、使い捨てスリッパや歯ブラシなどのアメニティグッズ、日本人形や掛け軸など美術品に至るまで、多種多様なアイテムがヒットします。出品者からは「民泊撤退のため格安でお譲りします。10部屋分あります」「退去期間との兼ね合いもあるため、今月中に取りに来られる方限定」というコメントが添えられているものも見受けられます。


副業で民泊を営業しているサラリーマンは、なかなか自由な時間を作ることができません。物件オーナーや管理組合から早急な明渡しを求められた、ギリギリまで営業して宿泊者を受け入れたい、など、民泊の撤退は非常に慌ただしく行われるケースが多いのです。


こうした民泊からの撤退をビジネスチャンスと捉える新たなビジネスも生まれており、「民泊の格安撤退 撤退なう」「撤退太郎」などの撤退サービスを請け負う専門会社が複数でてきています。


しかし、撤退代行業者のなかには、古物商の許可を持たないままに引き取った家具などを安く転売している業者もあるようです。



>>2ページ目:無許可での転売業は高リスク<続き>



  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 744

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら最短45秒の入力で、 全国1,400社以上の不動産会社が対応!

最短45秒で不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧