2018年09月24日
石井くるみの民泊最前線

第4回 民泊を目的とする不動産売買の留意点

石井くるみの民泊最前線

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

石井くるみの民泊最前線


民泊のための不動産を購入する時には、通常の不動産取引とは別の知識が必要です。民泊仲介サイトのアクセス権も含めて、価値を見極めなければならないようです。前回に続き指南していただきます。 (リビンMagaZine Biz編集部)



【シリーズ】民泊を目的とする不動産売買の留意点


第1回 民泊を目的とする不動産売買の留意点

第2回 民泊を目的とする不動産売買の留意点

第3回 民泊を目的とする不動産売買の留意点

第4回 民泊を目的とする不動産売買の留意点



今回は、旅館業許可物件の売買において、物件引渡し後に取るべき事項を解説します。




(画像=写真AC)



物件引渡し後の予約


すでに営業を行っている民泊物件の売買では、物件引渡し後に入っている宿泊予約の扱いが論点となります。特に海外からの宿泊予約は3~4カ月から半年以上前に予約が入ることが一般的であるため、売買される前から予約が入っているケースもあるでしょう。引渡し後の予約の引継ぎができない場合には、売主は、旅行サイトを通じて周辺の宿泊施設に予約客の送客を行い、受け取る宿泊料金よりも送客先の宿泊料金が高い場合には、その差額を負担しなければならないことがあります。



委託先との業務委託契約


現在の施設の運営者である売主と業務委託先(例:民泊運営代行会社、清掃会社等)との契約は、契約に特段の定めがない限り、買主には引き継がれません。買主が業務委託先との契約を希望する場合には、売主から委託先の紹介を受け、サービス提供範囲や料金といった諸条件を新たに協議する必要があります。



>>2ページ目:【図表で解説】旅館業許可物件の売買スケジュール(続き)



  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 335

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

menu

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら
最短45秒の入力で、
全国1,400社以上の
不動産会社が対応!

最短45秒で
不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

個人情報の保護

attention 本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

attention 査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧